ページの先頭です

建設工事の入札に係る工事費内訳書の提出について

[2015年4月20日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(入札契約適正化法)の改正により、ダンピング受注防止のための措置として、平成27年4月1日より、建設業者は工事請負の入札時に、工事費内訳書を提出することが義務づけられました。

 このため尾鷲市でも平成27年度より、建設工事の入札に係る工事費内訳書の提出について、次のとおり取り扱うこととします。(尾鷲市水道部、尾鷲総合病院も同様の取り扱いとします。)

 なお、工事費内訳書を提出しない者が行った入札書、不備がある工事費内訳書を提出した者が行った入札書は無効となりますので、下記取り扱いをご確認のうえ、入札書類をご提出いただきますようお願いいたします。
 (工事費内訳書は、入札書の封筒に同封して提出してください。)

建設工事の入札に係る工事費内訳書の取り扱い

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局財政課管財・検査係

電話: 0597-23-8142 ファックス: 0597-23-8305

お問い合わせフォーム


建設工事の入札に係る工事費内訳書の提出についてへの別ルート