ページの先頭です

「第1回 おわせの風土記展」について

[2018年4月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

展示内容等

 「第1回 おわせの風土記展」をおこないます。

 郷土室では、1年を通して既存の文化財の調査や収蔵資料の整理・再調査、そして新しい郷土資料の受け入れと整理

などを行っています。 この展示では、平成29年度に行った郷土室の調査・整理成果の一部を紹介するものです。

 みなさんこの機会にぜひご来館ください。(※入館料無料)

展示日時

会   期:平成30年4月27日(金)~平成30年8月24日(金)
開館時間:午前9時00分~午後9時30分まで

場所

尾鷲市立中央公民館1階 企画展示室

展示内容と主な展示物

【尾鷲の小学校関係資料(明治時代)】

 明治時代前半(明治18年ごろまで)における学校教育制度と、当時の尾鷲市における学校教育の歴史を紹介します。今回は、南学校を中心に取り上げ、校舎に利用された鬼瓦なども展示します。

〔主な展示資料〕

・明治時代の小学校教科書

・南学校の鬼瓦

・南学校の外観写真

【寄贈資料・文献の紹介】

 昨年度、郷土室に寄贈していただいた初代郷土館長の伊藤良氏が所有していた図書や自作資料等を紹介します。

〔主な展示資料〕
・伊藤良氏の自作資料集

・太田寿氏のノート

【現地調査報告~元須賀利~】

 元須賀利の紹介と、そこで採取した山茶碗や天目・青磁などの陶器片を展示します。今回は、過去に譲っていただいた元須賀利とその周辺の模型も展示します。

〔主な展示資料〕

・模型

・陶器片(元須賀利出土)

【再調査成果の報告~九鬼出土の銭貨~】

「広報おわせ」2月号でもご紹介した、九鬼出土の銭貨を実物展示いたします。今回の整理で新たに判明した慶長通宝も展示いたします。

〔主な展示〕

・出土銭貨51種(慶長通宝ほか)
・慶長通宝(九鬼町出土)

展示案内ポスター

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム