ページの先頭です

最近の星の世界(2018年2月)

[2018年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆最近の星の世界から☆

最近の星の世界 2018.2月

地球儀

皆既月食(1月31日深夜)

 3年ぶりに皆既月食が見られました。当日天候が心配されましたが、好天にめぐまれ天文館では50人近い人が月食を楽しみました。館では特別夜間観望会を開催し、81cmの望遠鏡をはじめ大小6本の望遠鏡を解放し、思い思いのスタイルで観察してもらいました。

 開館間際まで心配された天気も皆既の頃には好転し、眺めると共に自前のスマートフォンやデジタルカメラでたくさん写真を撮りました。赤い月が写ると、あちらこちらで歓声が上がりました。

 今回は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれ、関心を集めました。

  • スーパームーン
    月までの距離が35万9000kmで、1月2日のスーパームーンより0.7%、距離にして2734km遠いだけでした。いつもは81cmでも全面が眺められる月(かろうじてですが)が、視野に収まらないというハプニングもありました。撮影で人気のあったのは、めったに使うことのない「8cmED」という小型の望遠鏡でした。
  • ブルームーン
    1ヶ月の間に2度の満月がある場合、2度目の満月のことをブルームーンといいます。2018年1月は2日と31日が満月で、皆既月食があった31日はブルームーンでした。
    英語の慣用句で once in a blue moon という言葉がありますが、これは「ごく稀に」という意味を表します。1ヶ月に2度の満月はめったに起こらないことから、生まれた言葉です。
  • ブラッドムーン
    皆既月食は赤黒く見えるので、血の色に例えられます。 
  • 皆既の時間が長かった
    3年前(2015.4.4.)の皆既月食は12分間でした。7年前(2011.12.10.)は52分間でした。それが今回は1時間17分も続きました。入館者の皆さんには15cmに取り付けられた記録用カメラを覗いてもらって、交代する前にレリーズを押してもらいました。写った画像を確かめながら、歓声が上がりました。
皆既月食中の月(22時29分ごろ)

○予想以上の暗さ
 一番欠ける「食甚」の頃(10時29分)にはいつもより暗い月面が見えました。
 月が地球の影の中央近くまで進んだためと思われます。

皆既食の終わりの月(23時ごろ)

○皆既食が終わる直前の月
 左下(南東)が明るくなってきま した

 23時を過ぎた頃から雲が広がり、写真記録もとれなくなったので、閉館しました。 天気や現象が偶然いくつも重なり、思い出に残る皆既月食となりました。

 なお、記録カメラで撮った月食の写真は、写りの良いものを選び、参加者の皆さんに写真をお送りする予定です。

※一つ目の写真の右下の「OWASE M.A.O.」とはOWASE municipal astronomical observatoryの略称で尾鷲市立天文館を意味します。  (「M.A.O.」 平成12年にキャンベラ天文台との調印式で使った呼称)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
  開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
  TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp