ページの先頭です

尾鷲市指定ごみ袋手数料の減免申請について

[2018年5月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成30年度尾鷲市指定ごみ袋手数料の減免申請について

平成30年度尾鷲市指定ごみ袋手数料の減免申請について

 市指定ごみ袋手数料(可燃ごみ収集手数料)の減免申請の受け付けを下表の日程で行います。
 減免の形としては指定ごみ袋の合計容量が1,800ℓ(例:45ℓ袋の場合40枚)を限度に10枚1袋単位の自由な組み合わせで交付申請することができます。
 代理の人でも申請することができますが、窓口で手続きする場合は、減免対象者と代理の人の両方の印鑑が必要となります。 また、窓口で手続きする人の本人確認を実施しますので以下のものを持参してください。

【申請時に必要な物】
(1)減免対象者の印鑑(代理の人が申請される場合は代理の人の印鑑も必要です。)
(2)窓口で手続きする人の身分証明書または資格証明書(法人または官公署が発行したもので、免許証など本人(窓口で手続きする人)の写真表示がある場合は1枚、保険証など写真表示が無い場合は2枚必要です。)

 申請受付(袋交付)場所、開始日については以下の表のとおりです。受給要件によって異なりますのでご注意ください。

減免要件等
減免受給要件申請受付(袋交付)場所申請受付開始日
※ いずれの窓口でも申請できます。

0~2歳児(平成27年4月1日以降に生まれた子ども)を扶養する世帯、または年度内に子どもが生まれた世帯

・環境課(クリンクルセンター)
・市民サービス課
・各地区センター
平成30年5月15日(火)
尾鷲市家族介護用品券(おむつ券)の支給を受けている人がいる世帯・環境課(クリンクルセンター)
・福祉保健課
・各地区センター
身体障害者手帳1級または2級の交付を受けている人がいる世帯で、市民税が非課税の世帯・環境課(クリンクルセンター)
・福祉保健課
・各地区センター
平成30年7月13日(金)
療育手帳Aの交付を受けている人がいる世帯で、市民税が非課税の世帯
精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている人がいる世帯で、市民税が非課税の世帯

※複数の要件が該当する世帯でも交付される指定ごみ袋の総容量は同じです。
※年度ごとに1回の申請しかできません。(複数回に分けての申請はできません。)
※申請用紙は各受付窓口か、市ホームページからもダウンロードできます。
※環境課窓口は古戸町10-9 クリンクルセンター内です。

減免申請用紙

減免申請用紙

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局環境課環境係

電話: 0597-23-8251 ファックス: 0597-23-1700   三重県尾鷲市古戸町10-9

お問い合わせフォーム


尾鷲市指定ごみ袋手数料の減免申請についてへの別ルート