ページの先頭です

尾鷲市特定不妊治療費等助成事業お知らせ

[2018年6月6日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

尾鷲市特定不妊治療費等助成事業のお知らせ

尾鷲市では、少子化対策の一環として、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)、第2子以降の特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)、不育症治療、一般不妊治療(人工授精)にかかる費用の一部を助成しています。

1.特定不妊治療費助成

三重県特定不妊治療費助成事業(三重県の助成事業)との同時申請になります。

助成対象者

以下の1~5の要件を満たしている方
  1. 法律上の婚姻している特定不妊治療を受けた夫婦であること
  2. 特定不妊治療以外の治療法によって妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に診断された者であること
  3. 夫婦の前年(1月~5月の申請については前々年)の所得合計額が400万円未満であること
  4. 夫婦双方またはどちらか一方が尾鷲市の住民であること
  5. 三重県知事が指定する医療機関において特定不妊治療を受けたこと

助成額

  • 特定不妊治療1回にかかった費用から、三重県特定不妊治療費助成事業で助成された額を控除し、10万円を上限に助成します。
  • 初回申請の治療A、B、D、Eに限り、治療1回分の費用から三重県特定不妊治療費助成事業で助成された額を控除した額の2分の1(5万円を上限)を助成します。

助成回数

平成28年4月1日以降~

初回助成の対象となった治療開始日に

おける妻の年齢 

回数

40歳未満 

43歳になるまでに通算6回まで

※ただし妻の年齢が43歳以上で開始した治療は助成対象外

 40歳~43歳未満

43歳になるまで通算3回まで

※ただし妻の年齢が43歳以上で開始した治療は助成対象外

 43歳以上助成対象外となります 

申請方法

  • 治療終了から60日以内に、申請窓口へ申請してください。やむを得ない理由により60日を超える場合は遅延理由書が必要になります。
  • 年度をまたいで申請する場合は、遅延理由書の有無に関係なく、必ず治療終了から60日以内に申請してください。

申請に必要なもの

  • 特定不妊治療費助成事業申請書
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(治療をうけた指定医療機関に記入してもらったもの)
  • 医療機関発行の領収書(原本が必要です)
  • 世帯全員の住民票(3か月以内に発行されたもの。夫婦の氏名、生年月日、性別、続柄、住民となった年月日がわかるもの) 
  • 戸籍謄本(初回申請時のみ。夫婦の婚姻日がわかるもの)
  • 所得課税証明書(夫及び妻の控除額が記載されたもの) ※夫婦それぞれについて、所得がない場合でも提出してください。
  • 遅延理由書(治療終了日から60日を超えて申請する場合に必要)

2.第2子以降の特定不妊治療に対する助成

助成対象者

特定不妊治療費助成の助成対象者1~5および下記の1~4の要件を満たしている方

  1. 夫婦から出生した実子が一人以上いること
  2. 三重県特定不妊治療費助成事業による助成回数を終了した者
  3. 平成26年度以降に新規に三重県特定不妊治療費助成事業による助成を受け、初回助成の対象となった治療開始日における妻の年齢が43歳未満であること
  4. 申請しようとする治療の開始日における妻の年齢が43歳未満であること

助成額

特定不妊治療1回にかかった費用につき15万円(治療C、Fについては7万5千円)を上限に助成

助成回数

助成回数

初回助成の対象となった治療開始日に

おける妻の年齢 

 回数
 40歳未満 2回まで
 40歳以上43歳未満

平成26年度に新規で三重県助成を受けた人:3回まで

平成27年度以降に新規に三重県助成を受けた人:5回まで

※妻の年齢が43歳以上で開始した治療は助成対象外となります。

申請に必要なもの

  • 特定不妊治療費助成事業申請書(第2子以降の特定不妊治療に対する助成回数追加事業用)
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(治療をうけた指定医療機関に記入してもらったもの)
  • 医療機関発行の領収書(原本が必要です)
  • 世帯全員の住民票(3か月以内に発行されたもの。夫婦の氏名、生年月日、性別、続柄、住民となった年月日がわかるもの) 
  • 戸籍謄本(初回申請時のみ)
  • 所得課税証明書(夫及び妻の控除額が記載されたもの) ※夫婦それぞれについて、所得がない場合でも提出してください。
  • 3.不育症治療費等助成

    助成対象者

    以下の1~4の要件を満たしている方
    1. 法律上の婚姻している夫婦であること
    2. 夫婦双方またはどちらか一方が尾鷲市の住民であること
    3. 夫婦の前年(1月~5月の申請については前々年)の所得合計額が400万円未満であること
    4. 三重県知事が指定する医療機関その他尾鷲市長が認める医療機関において不育症治療および検査を受けたこと

    助成額

    1回の不育症治療につき10万円を上限に助成

    助成回数

    1年度あたり1回(通算5年間まで)

    申請に必要なもの

    • 尾鷲市不育症治療費等補助金交付申請書
    • 不育症治療費等助成事業受診等証明書
    • 医療機関発行の領収書(原本が必要です)
    • 世帯全員の住民票(3か月以内に発行されたもの。夫婦の氏名、生年月日、性別、続柄、住民となった年月日がわかるもの) 
    • 戸籍謄本(初回申請時のみ)
    • 所得課税証明書(夫及び妻の控除額が記載されたもの) ※夫婦それぞれについて、所得がない場合でも提出してください。

    4.一般不妊治療(人工授精)の治療費助成

    助成の対象となる一般不妊治療は人工授精となります。

    助成対象者

    以下の1~4の要件を満たしている方
    1. 法律上の婚姻している夫婦であること
    2. 夫婦双方またはどちらか一方が尾鷲市の住民であること
    3. 夫婦の前年(1月~5月の申請については前々年)の所得合計額が400万円未満であること
    4. 三重県知事が指定する医療機関その他尾鷲市長が認める医療機関において一般不妊治療(人工授精)を受けたこと

    助成額

    1回の治療につき2万円を上限に助成

    助成回数

    1年度あたり1回(通算5年間まで)

    申請に必要なもの

  • 尾鷲市一般不妊治療費補助金交付申請書
  • 一般不妊治療費助成事業受診等証明書
  • 医療機関発行の領収書(原本が必要です)
  • 世帯全員の住民票(3か月以内に発行されたもの。夫婦の氏名、生年月日、性別、続柄、住民となった年月日がわかるもの) 
  • 戸籍謄本(初回申請時のみ)
  • 所得課税証明書(夫及び妻の控除額が記載されたもの) ※夫婦それぞれについて、所得がない場合でも提出してください。
  • 申請書類について

    1~4の助成の申請に必要な書類については下記からダウンロードできます。表面と裏面があるものは1枚の用紙に両面印刷してください。また申請書等の書類は、福祉保健課健康づくり係(福祉保健センター2階)の窓口にも置いてあります。

    三重県不妊相談センターご案内

    • 専用電話:059-211-0041(相談は無料です。秘密は厳守します。)
    • 相談日:毎週火曜日(祝日および年末年始を除く)
    • 受付時間:午前10時~午後8時
    • 相談員:看護師・助産師(不妊カウンセラー)※女性です
    • 詳細は、三重県不妊専門相談センターホームページをご参照ください。

    ご意見をお聞かせください

    このページは役に立ちましたか?
    このページは見つけやすかったですか?

    (注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

    お問い合わせ

    尾鷲市役所 福祉保健課 健康づくり係(福祉保健センター2階)
    電話: 0597-23-3871 ファックス: 0597-23-3875
    E-mail: hoken@city.owase.lg.jp