ページの先頭です

(梶賀)はらそ祭【(かじか)はらそまつり】

[2015年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(梶賀)はらそ祭

 梶賀浦の捕鯨の起源については明らかでないが、南隣りの二木島には寛文11(1671)年鯨33本の供養碑があり、また太地神社の記録に、九木浦の捕鯨は貞享年間(1684~87)とあるから、梶賀浦の捕鯨もそのころであろう。
 鯨船の祭りは、現在梶賀浦と海山町白浦と2か所残っている。梶賀浦の祭りの起源については、当地方の捕鯨は明和6(1769)年に廃絶しており、廃絶後、捕鯨をしのんで、銛(もり)を投げ捕鯨の真似をして、神に捧げたものではないかといわれている。
 また、「はらそ」の語源も明らかではなく、鯨に銛を打つ人が羽刺「はざし」で、それが「はだし」と訛り、「はらそ」 に転訛したといわれ、また一説には、秦氏が中国より漂着して、鯨を突く漁法を教えたことに由来するものともいわれている。
 梶賀町のはらそ祭行事は、1月15日頃に地蔵寺にて大般若経が読経され、大漁祈願と鯨の供養を祈願する。祈願のあと、大漁旗などで飾られた「はらそ」船に乗り込み、旧輪内村の氏神である飛鳥神社に参拝。その後、梶賀神社、浅間様、若宮様、空神様などの町内に祀る神様や、漁業組合長宅などに銛が打ち込まれる。
 「はらそ」船が銛を突く場所に直面すると、指揮者が「はらそ」の掛け声をかけ、船の八挺櫓(普通七挺)は、普通の漕法から古式の速い漕法に変える。この漕ぎ方は、トモロ・アイロ・トリカジ・トリカジカイロは自分の方へ引き、マイロ・オモカジ・オモカジカイロは前方へ押し、これを交互に繰り返す。ハダシが舳先に飛び上がって、銛を打つまでの動作もすべて古法どおりである。
 江戸時代の鯨突きという魚撈習俗を、古式のまま今に伝える。

 

梶賀はらそ祭り

 

梶賀はらそ祭り概要

指定区分

市指定

指定種別

民俗文化財(無形)

指定登録日

昭和33(1958)年9月3

所在地

尾鷲市梶賀町

所有者

梶賀町

一口メモ

捕鯨銛ちの伝承

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


(梶賀)はらそ祭【(かじか)はらそまつり】への別ルート