ページの先頭です

最近の星の世界(2019年3月)

[2019年3月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 尾鷲市立天文科学館より ~






  ほんとうに、実際

  大きく みえるんです!





それでは中村山からの天体解説、湯浅さん、どうぞよろしくおねがいしま~す!




2月20日




はい こんにちは。天文科学館 撮影および解説担当、天体観測指導員 湯浅祥司です。

 

 

 

では 今月もまいりましょう 「最近の星の世界」。





スーパームーン



2月19日、月が接近して大きく見える「スーパームーン」がありました。ですが、天気が悪く、観望会の開催を1日延ばし、観察しました。その甲斐あって、32名もの皆さんに大きい月を眺めてもらうことができました。

 

月は、地球の周りを、およそ36万~40万kmの楕円軌道で回っています。約1ヶ月にいち度近くなったり遠くなったりしています。その軌道36万㎞前後になる時を、特に、スーパームーンと呼ぶことがあります。



「 望遠鏡でのぞけば大きくなっているのがわかるか」というと、そうではありません。 同じ望遠鏡とカメラを使って撮影したのが、左の写真です。


近い時と遠い時とでは、ずいぶん大きさが違うことがわかります。




スーパームーンを見る皆さん。


そういえば、スーパームーンとは逆に、「いちばん遠い時の月」には、まだ名前がありません。みなさんでいち度、考えてみませんか……?




馬頭星雲付近



オリオン座の三つ星が2個写っています。写真の真ん中にある白い大きい星が、三つ星の左の星です。このあたりを近赤外線で写すと、馬の頭の影のような天体が見えてきます。その形から、馬頭星雲と呼ばれています。



人工衛星が飛んでいるのですが、どこにいるか、わかりますか?




オリオン座。赤枠が、上段画像、馬頭星雲の写っている範囲。


 



さて、今回の中村山山頂ドーム発 「最近の星の世界」、

 

いかがでしたでしょうか。以上、

 

尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員、湯浅祥司でした。





 

湯浅さん、ありがとうございました!

スーパームーンとの 比較写真も

さることながら、馬頭星雲、

すごい色彩美ですね~……。

 

では 来月も、どうぞよろしくおねがいしま~す♪



~ 天文科学館からのご案内 ~





そのほか当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や、各種のイベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


 ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪





それではまた 次回の 星の世界で!

 



 

 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ♪)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム