ページの先頭です

一人親家庭等医療費助成制度

[2014年8月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

一人親家庭等医療費助成制度とは

一人親家庭の親および児童等の医療費を助成する制度です。

対象者

市内に住所を有しており、いずれかの医療保険に加入し、生活保護法による保護を受けていない人で、次の項目に該当する人。
(ただし、所得制限があります)

1.18歳年度末までの児童を扶養する一人親家庭の母または父および児童

2.父母のいない18歳年度末までの児童
    (18歳に到達する年の3月31日までの児童)

  

助成される医療費の範囲

  • 支払った医療費の保険一部負担金相当額 

   ※前年度の所得により制限があります。
   ※養育費の80%が所得に加算されます。
   ※申請日から助成の対象となります。
   ※市外から転入してきた場合、受けていた医療費の助成と内容が異なることがあります。
   ※高額療養費や付加給付については、加入している医療保険から受け取ってください。
   ※他の法律や制度で助成される医療費については、別途、受け取ってください。

  

届出が必要なとき

  • 新たに子どもが生まれて対象者が増えたとき
  • 住所、氏名、振込先口座など、登録情報が変更したとき
  • 加入している医療保険が変わったとき
  • 受給者証を紛失、き損したとき
  • 対象者が対象外年齢に到達、市外に転出、死亡したとき

届出に必要なもの

  • 印鑑
  • 医療保険証(医療保険が変わったとき)
  • 預金通帳(振込先を変更するとき)
  • 受給者証(対象外年齢に到達・市外に転出・死亡したとき)
  • 尾鷲市で所得及び課税状況の把握できない人(転入の人など)は、住民税所得課税証明書(控除のわかるもの)、又は住民税特別徴収額通知書

《新規申請について》

下表のとおり対象者ごとに必要なものを用意して、申請を行ってください。
申請の際、お話を伺いますので、お時間をいただきますがご了承ください。

◎申請先  福祉保健課 高齢者・児童係 ※各センター(旧出張所)では申請できません

  

新規申請について
対象者 申請に必要なもの 
上記対象者のうち
児童扶養手当を認定されている方

 印鑑
 保険証(親子とも)
 預金通帳(郵便局以外の補助者名義の通帳) 
 市外から転入してきた人は、所得課税証明書(※) 

上記対象者のうち
児童扶養手当を認定されていない方

 印鑑
 保険証(親子とも)
 預金通帳(郵便局以外の補助者名義の通帳)
 市外から転入してきた人は、所得課税証明書(※)

 

  (※)所得証明書にいて 

所得証明書について
 区分必要な所得証明書 
1月から8月に申請する場合 前々年分の所得証明書(※申請を行う年の前年の1月1日に住所を有した市区町村で発行されるもの)
 ただし、その1月1日に尾鷲市に住所を有した場合は、必要ありません。 
9月から12月に申請する場合  前年分の所得証明書(※申請を行う年の1月1日に住所を有した市区町村で発行されるもの)
 ただし、その1月1日に尾鷲市に住所を有した場合は、必要ありません。  

申請から助成までの流れ

  1. 福祉保健課に申請する
  2. 所得など状況を確認後、受給者証が交付される
  3. 受診の際、受給者証を提示し、医療費を支払う
  4. 医療機関から福祉保健課へかかった医療費が連絡される
  5. 福祉保健課が医療費の助成手続きを行う
  6. 受給対象者の指定口座に振り込まれる

   ※県外の医療機関で受診する場合は、別途、支払額の証明(領収証)が必要となります。
   ※助成額の振込は、病院に受診した月からおよそ2~4ヶ月後となります。  

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所 市長部局 福祉保健課 高齢者・児童係
電話: 0597-23-8202 ファックス: 0597-23-8204
E-mail: kouji@city.owase.lg.jp