ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

尾鷲市ホームへ

住みたいまち住み続けたいまち おわせ

メニューの終端です。

あしあと

    尾鷲市ふるさと納税(元気寄附金)について

    • [公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:18530

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    尾鷲市では「住みたいまち 住み続けたいまち おわせ」をスローガンに掲げ、地域づくり・まちづくりをすすめています。
    ふるさと納税は、「ふるさと・尾鷲」に貢献したい、応援したいという皆さまの思いを生かすための制度です。尾鷲市では、皆さまのあたたかいご支援をお待ちしております。

    寄付の申込方法

    申込方法などは、下記をご覧ください。

    (1)インターネットによる寄付

    以下3つのふるさと納税ポータルサイトからお申し込みできます。※外部サイトへリンク

    (2)振込による寄付

    1.下記のリンクから「寄附申込書」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ、ファックス・郵便・電子メールにより尾鷲市政策調整課へお送りください。

    2.尾鷲市から「納入についてのお知らせ」、「払込取扱票(ゆうちょ銀行)」を郵送さていただきます。

    3.「払込取扱票(ゆうちょ銀行)」でお振込ください。※払込取扱票(ゆうちょ銀行)の場合は振込手数料が発生いたしません。

    4.ゆうちょ銀行でお振込みの際は領収書を受け取ってください。この領収書は大切に保管してください

    尾鷲市 ふるさと納税 寄附申込書

    ※「寄附申込書」は尾鷲市役所より郵送でお送りすることもできますので、必要な場合は尾鷲市政策調整課までご連絡ください。※ふるさと納税ワンストップ特例を要望される場合は、「寄付申込書」のワンストップ特例希望欄にチェックをしてご提出ください。後日ワンストップ特例申請書を送付させていただきます。

    (3)現金書留による寄附

    1. 必要事項を記入した「尾鷲市ふるさと納税 寄附申出書」を同封のうえ、現金書留で尾鷲市政策調整課へお送りください。「寄附申込書」を郵送でお送りすることもできますので、必要な場合は尾鷲市政策調整課までご連絡ください。

    2. 後日、尾鷲市から「納付証明書」を郵送させていただきます。この納付証明書は、税の申告に必要ですので、大切に保管してください。

    (4)窓口での寄附

    尾鷲市の窓口でご寄附いただく場合は、次の取扱窓口へお申し出ください。
    受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
    受付窓口:尾鷲市政策調整課(本庁舎2階)

    住民税等の軽減手続きの方法

    寄附をしていただいた方は、「ふるさと納税」のしくみにより寄附金の2千円を超える部分について、所得税と住民税の軽減を受けることができます。(ただし、住民税については、住民税所得割額の概ね2割が上限です。)

    所得税については、2千円を超える部分が軽減の対象になります。

    この控除制度を受けるためには、次のどちらかの方法の手続きが必要になります

    (1)ワンストップ特例申請

    確定申告が不要な給与所得者等について、寄附申込みの際に申請いただければ、ふるさと納税に係る寄附金控除がワンストップで受けられます。

    制度の詳細は、下記をご覧ください。

    寄附受領後に送付する「申告特例申請書」の提出をお願いします。提出期限はご寄附いただいた年の翌年1/10の消印有効となっております。「申告特例申請書」は、以下からもダウンロードできます。

    寄付金額控除に係る申告特例申請書

    特例申請書」の提出をお願いします。提出期限はご寄附いただいた年の翌年1/10の消印有効となっております。「申告特例申請書」は、以下からもダウンロードできます。

    ◎住所変更した場合

    住所変更等により、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」(省令様式第55号の5)に記載した内容(電話番号を除く。)に変更があった場合は、翌年の1月10日までに、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書事項変更届出書」(省令様式第55号の6)を寄附先団体に提出する必要があります。

    市町村民税・道府県民税 寄付金控除による係る申告特例申請事項変更届書

    ◎申告特例控除

    寄附先団体から翌年1月末日までに申請書に記載の住所地の自治体に、、「寄附金控除に係る申告特例通知書」(省令様式第55号の7)が送付され、課税自治体において、申告特例控除が適用となるか無効となるかの判定を行います。本特例が適用される場合は、翌年度の個人住民税において、基本控除額及び特例控除額の控除に加え、所得税控除分相当額が申告特例控除として控除されます。

    ◎注意事項

    本特例の申請をされた方が、確定申告や住民税申告を行った場合、あるいは5団体(同じ団体に複数回寄附しても寄附先団体数は1となります。)を超える地方団体へのふるさと納税(寄附)を行った場合は、本特例は無効となります。この場合は、確定申告を行う必要があります。

    (2)確定申告

    「ふるさと納税寄附金受納証明書」を所得税の確定申告の手続きの際(最寄りの税務署またはお住まいの市町村税務課)にご提出ください。

    尾鷲市ふるさと納税の実績

    これまで皆様から頂戴したふるさと納税寄付金は下記のとおりです。

    誠にありがとうございます。

      令和 2年度 :26,727件 403,288千円

      令和 元年度 : 5,615件 112,702千円

      平成30年度 : 4,969件 106,494千円

      平成29年度 : 4,511件  91,339千円

      平成28年度 : 3,336件  71,014千円

      平成27年度 : 5,301件  93,727千円

      平成26年度 : 5,168件  77,831千円

      平成25年度 :   488件   6,497千円

      平成24年度 :    11件   1,630千円

      平成23年度 :    10件   1,810千円

      平成22年度 :     5件     315千円

      平成21年度 :     8件     950千円

      平成20年度 :     8件     490千円

    寄付の使い道

    多くのご支援をいただき、誠にありがとうございます。

    皆さまからご寄付いただいた寄付金は、尾鷲市のさまざまな発展のために活用させていただいております。

    ■子ども・生涯学習・文化政策

    みんなが子どもを育み心豊かに暮らせるまちづくりを目指し、障がいのある子供へのサポート体制の充実や魅力ある学校づくりの充実などに取り組んでいます。

     <使い道例> 魅力ある学校づくり(別ウインドウで開く) 

    ■産業・集落交流政策

    豊かさの創造によりにぎやかに暮らせるまちづくりを目指し、アオリイカの産卵床や地域に生息する稚魚の放流など、水産資源の保護と漁業の活性化に取り組んでいます。

     <使い道例> ふるさと教育と水産業の振興(別ウインドウで開く) 

     <使い道例> 漁業、林業、観光、教育の場をつなぐ(別ウインドウで開く)

    ■健康・福祉政策

    みんなが安心して健やかに暮らせるまちづくりを目指して、子どもの医療費一部負担など健康・福祉の向上に取り組んでいます。

    ■市民協働・安全・人権政策

    みんながともに支えあい暮らせるまちづくりを目指して、防災意識の普及促進など市民参加の防災対策などに取り組んでいます。

     <使い道例> 安全な避難路の設置(別ウインドウで開く) 

    ■環境・都市基盤政策

    みんながいきいきと快適に暮らせるまちづくりを目指して、災害に強い道路・施設づくりの推進などに取り組んでいます。

    お問い合わせ

    尾鷲市役所市長部局政策調整課地域創生係

    電話: 0597-23-8116 ファックス: 0597-22-2111

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム