ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

尾鷲市ホームへ

住みたいまち住み続けたいまち おわせ

メニューの終端です。

あしあと

    三重県に「感染防止行動徹底アラート」が発出されました

    • [公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:20048

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    三重県においては、10月27日から第8波に入った後、感染者が急増し、11月23日には2,000人を超えました。入院を必要とされる方も増加しており、11月22日には、病床使用率がその時点の確保予定病床数(493床)の40%を超え、11月25日時点で確保している病床に対する使用率は、44.1%(209床/474床)となっています。今後も入院を必要とされる方の増加が見込まれており、医療提供体制のひっ迫へとつながる可能性があります。
    市民の皆様におかれましては、改めて感染防止対策の徹底にご協力をお願いします。

    三重県コロナウイルス感染症特設サイト(別ウインドウで開く)

    市民の皆様へ

    (1)ワクチン接種機会の活用

     ・オミクロン株対応ワクチンの早期接種の検討
     ・12歳以上の初回(1・2回目)未接種の方は、12月末までの接種を検討
     ・特に高齢者と同居している方や、帰省等の予定がある場合は、早期の接種を検討

    (2)基本的な感染防止対策の徹底 

     ・マスク着用、手指消毒など場面に応じた適切な感染防止対策の再徹底
     ・換気の徹底(エアコン使用時も適宜換気を行うなど)
     ・「マスク会食」、「黙食」の徹底

    (3)重症化リスクの高い高齢者等に拡げないための対策

     ・家庭内も含め高齢者等と会う際はマスク着用、換気などの感染防止対策を徹底
     ・特に、帰省等で普段会わない高齢者等と会う場合は、事前の検査、体調不良の場合は会うことを控えるなどの対策

    (4)体調不良時への備え

     ・抗原定性検査キット(※)、解熱鎮痛剤、体温計に加え、日持ちする食料(5~7日分)などの生活必需品を事前に準備
     ※「体外診断用医薬品」又は「第1類医薬品」と表示された国が承認したキットを選んでください。

    事業者の皆様へ

    (1)事業所内における感染防止対策の徹底

     ・適切な換気やマスク着用など対策を従業員に周知
     ・体調不良の従業員の帰宅、受診、検査の勧奨。従業員が体調不良を申し出やすい環境づくり

    (2)高齢者施設等における対策

     ・従事者の基本的な感染防止対策の再徹底(感染者の早期発見のため、社会的検査や抗原定性検査キットの活用等)

       三重県指針ver.16(別ウインドウで開く)


    お問い合わせ

    尾鷲市 福祉保健課 健康づくり係(福祉保健センター2階)
    電話: 0597-23-3871 ファックス: 0597-23-3875
    E-mail: hoken@city.owase.lg.jp