ページの先頭です

曽根(弾正)五輪塔【そね(だんじょう)ごりんとう】

[2015年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

曽根(弾正)五輪塔

 曽根町の東はずれの向井地墓地に、室町末期の五輪塔一基(全高86cm)、江戸初期の五輪塔一基(全高101cm)、江戸初期の板石塔婆一基(全高95cm)があり、五輪塔は曽根弾正とその夫人、板石塔婆は長男のものとみられている。戦国時代、南輪内をよく守った名領主曽根弾正とその同族の墓として、歴史的な意義がある。
 『紀伊続風土記』に「曽根弾正の墓は安定寺にあり」とあるが、これは現在の場所の安定寺ではない。以前の安定寺は向井地墓地の上にあった。
 曽根弾正の孫・久三郎が、関が原の戦で西軍に味方して敗戦したため曽根を去り、二木島へ移住した。そのため、同族の向井氏(現在中野氏)が北座(宮座)として曽根浦の神事を統治し、弾正の墓地を祀ってきたのである。

 

曽根弾正五輪塔

 

曽根弾正五輪塔 の概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(建造物)

指定登録日

昭和47(1972)年2月25

所在地

尾鷲市曽根町向井地墓地内

所有者

個人所有

一口メモ

曽根弾正・夫人・長男の墓

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


曽根(弾正)五輪塔【そね(だんじょう)ごりんとう】への別ルート