ページの先頭です

【新型コロナウイルス関連】新型コロナウイルス感染症について

[2020年6月19日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に対しては、長丁場での対応が予想されます。
今後も、感染拡大防止のため、基本的感染対策として①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いをはじめとする「新しい生活様式」の実践とともに、「3つの密」を避けるなど、市民の皆様一人ひとりの行動変容が大切となります。

新型コロナウイルス感染症については、今後も、行政機関や公的機関が発する最新の正確な情報に基づいた冷静な判断や行動を願いします。
三重県と厚生労働省のホームページに最新の情報が掲載されています。

感染防止対策徹底のお願い

(1)感染防止対策の基本的な考え方

 〇「三つの『密』(密閉空間・密集場所・密接場面)を避け、人と人との一定の距離(2メートル程度)を保ちましょう。

 〇感染経路の中心は、飛沫感染と接触感染であると考えられていることから、咳エチケットや石けんによる手洗
       い、手指消毒用アルコールによる消毒などの基本的な感染予防を心がけましょう。

 〇栄養バランスを考えた食事や十分な睡眠など、体調管理に気をつけましょう。

(2)「新しい生活様式」の実践例(政府専門家会議提案)

 〇人との距離は、できるだけ2m(最低1m)空けましょう。
 〇外出時や会話をする時などは、症状がなくてもマスクを着用しましょう。
 〇家に帰ったらまず手を洗いましょう。
 〇こまめに換気をしましょう。
 〇買い物は、1人または少人数ですいた時間に行きましょう。
 〇公園は、すいた時間、場所を選びましょう。
 〇発熱又は風邪の症状がある場合は、ムリをせず自宅で療養しましょう。
 〇冠婚葬祭などの親族行事では多人数での会食は避けましょう。
 〇感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控えましょう。


症状のある方は、まず電話で「帰国者・接触者相談センター」に相談して下さい【更新 電話番号変更】

「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。

「帰国者・接触者相談センター」にご相談いただく目安

〇少なくとも以下のいずれかに該当する場合はすぐにご相談ください。

 ☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

 ☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤
         や抗がん剤等を用いている方

 ☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
  (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐに
       相談してください。解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

※詳細は、厚生労働省「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」をご覧ください。
※相談・受診の目安にかかわらず、不安を感じる方はご相談ください。

「帰国者・接触者相談センター連絡先」
 ○9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)
  尾鷲保健所 0597-23-3456(6月19日から電話番号がに変更になりました。)

 ○21時00分から翌9時00分までは、
  三重県救急医療情報センター 059-229-1199
   (必要に応じて、帰国者・接触者相談センターに連絡します。)

※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、下記の相談用紙により、新型コロ
  ナウイルス感染症対策チーム宛てにFAXにてご相談ください。

 新型コロナウイルス感染症相談用紙(PDF) / FAX:059-224-2275

一般的な電話相談窓口・お問い合わせ【更新 電話番号変更】

その他、ご自身の症状に不安がある場合など一般的なお問い合わせは、下記にご相談ください。
  
  尾鷲保健所 0597-23-3456 (6月19日から電話番号が変更になりました。) 
    ○9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

  三重県庁 医療保健部薬務感染症対策課   059-224-2339(専用回線)
    ○9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

   注: 回線が混み合っている場合は、電話がつながりにくくなりますのでご了承ください。

 ※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、医療保健部薬務感染症対策課宛
   てにFAX又はメールにてお問い合わせください。
           FAX:059-224-2344 / メールアドレス:yakumus@pref.mie.lg.jp

       
  厚生労働省 0120-565653(フリーダイヤル)
          ○9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)
        
   

新型コロナウイルス感染症対策におけるマスクの備蓄について

1.マスクの備蓄について
 新型コロナウイルス感染症対策等におけるマスクの備蓄については、今後、新型コロナウイルス感染症の第2波や季節性インフルエンザ、また、災害時等に備え、
 不織布(ふしょくふ)や繰り返し再利用が可能な布マスクの備蓄をしていただくようお願いします。

2.マスクのご提供について
 ご自身やご家族のマスクを十分備蓄して頂いた上で、密閉された状態の未使用マスクをご提供頂ける場合は、下記までご連絡をお願いします。
 ご提供いただきましたマスクは、社会福祉施設などで活用させていただきます。

 【連絡先】 尾鷲市福祉保健課 健康づくり係(福祉保健センター2階) 電話23-3871

妊婦の方々へ

新型コロナウイルス感染症対策「妊婦の方々へ」厚生労働省リーフレット

こどものいるご家族へ

新型コロナウイルス感染症対策「こどものいるご家族へ」厚生労働省リーフレット

市有施設等の利用及び市の取り組みについて

市有施設等の利用及び市の取り組みについては、下記のとおりです。
ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、今後も基本的な感染症対策にご理解とご協力をお願いします。

市有施設等の利用及び市の取り組み一覧


新型コロナウイルス感染症とは

新型コロナウイルス感染症については、下記のような特徴があります。(新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針より抜粋 令和2年5月14日変更)

◎一般的な状況における感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染であるが、閉鎖空間において近距離で多くの
 人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされ
 ている。 また、発症前2日の者や無症候の者からの感染の可能性も指摘されている。一方、人と人との距離を確
   保することにより、大幅に感染リスクが下がるとされている。

◎ 集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に①密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、②密集場所(多く
  の人が密集している)、③密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条
  件(以下「三つの密」という。)のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられる。
  また、これ以外の場であっても、人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うことにはリスクが存在
  すると考えられる。激しい呼気や大きな声を伴う運動についても感染リスクがある可能性が指摘されている。

◎ これまで、繁華街の接待を伴う飲食店等、ライブハウス、バー、スポーツジムや運動教室等の屋内施設において
  クラスターが確認されてきたが、現在では医療機関及び福祉施設等での集団感染が見受けられる状況であり、
  限定的に日常生活の中での感染のリスクが生じてきているものの、広く市中で感染が拡大しているわけではな
  いと考えられる。

◎ 新型コロナウイルスに感染すると、発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさ(倦怠感)や
  強い味覚・嗅覚障害を訴える人が多いことが報告されている。


 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻
        などから吸い込んで感染します。
 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。
                     他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

新型コロナウイルス感染症関連リンク

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市 福祉保健課 健康づくり係(福祉保健センター2階)
電話: 0597-23-3871 ファックス: 0597-23-3875
E-mail: hoken@city.owase.lg.jp

【新型コロナウイルス関連】新型コロナウイルス感染症についてへの別ルート