ページの先頭です

公民館のご利用にあたって

[2008年1月17日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

公民館とは・・・

公民館とは(公民館の機能と役割)

 

 どこの市町でも小中学校があるように、いまどこの市町でも、公民館が設置されており、尾鷲市でも、中央公民館が設置されています。

 学校は、いうまでもなく児童生徒を対象に、学校教育を行うところです。公民館は、地域の皆さまの生涯学習を行うところです。

 地域の皆さまが気楽に公民館に集まり、話し合い、学習し、憩いながら、明るく楽しい家庭づくり、社会づくりのための市民運動をくり広げていく、こういう施設が公民館です。

公民館はどんなことをするところでしょうか

1.だれのために・・・市町その他一定区域内の皆さまのために。

2.どんな事業をするのか・・・実際生活に即する教育、学術及び文化に関する各種事業を行います。

3.どんな目的で・・・イ)地域の皆さまの教育の向上、健康の増進・情操の純化・コミュニティづくりを図ります。 ロ)生活文化の振興と社会福祉の増進に寄与します。

以上が、公民館の実施する教育の対象と事業の目的を述べたわけですが、もう少し具体的に仕事(事業)の内容を述べますと、次のようになります。

・公民館のきめられた事業(社会教育法22条)

1.定期講座を開設すること。

2.討論会、講習会、講演会、実習会、展示会等を開催すること。

3.図書、記録、模型、資料等を備え、その利用を図ること。

4.体育、レクリエーション等に関する集会を開催すること。

5.各種の団体、機関等の連絡を図ること。

6.その施設を地域の皆さまの集会その他の公共的利用に供すること。

となっています。ですからこうした意味で、公民館は、地域の皆さまの学習の場に図書館や公会堂をプラスした性格をもち、教養・文化・福祉などの向上を図り、人づくり、明るい家庭づくりから、さらに住みよい地域づくりをすすめる社会教育施設であるといえます。

・公民館で禁止されていることがら

 公民館は、地域の皆さま全体のための教育の場ですから、ある特定の限られた人々の利益をはかったり主義主張を宣伝したりすることを法律で禁止しております。(社会教育法第23条)

 1.特定の営利事業に公民館の名称を利用したり、その他営利事業を援助すること

 2.特定の政党の利害に関する事業を行い、または公私の選挙に関し特定の候補者を支持ること

 3.特定の宗教を支持し、または特定の教派、宗教若しくは教団を支持してはならないとなっております。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課中央公民館

電話: 0597-22-0001 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


公民館のご利用にあたってへの別ルート