ページの先頭です

子ども医療費の窓口負担無料化(現物給付方式)

[2019年9月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年9月診療分から未就学児の保険医療費「窓口無料化」が始まります!

令和元年9月から、6歳までの子どもの医療費について、窓口で支払いをせずその場で助成を受けられる窓口無料化(現物給付)を県内の医療機関で実施します。(一部医療機関は除きます)

対象者

0歳から満6歳の誕生日を迎えて最初に到達する3月末日まで(小学校入学直前の3月末まで)の医療費が対象となります。

※6歳以上は今までどおり償還払いとなります。

※対象者の方には、個別で白とオレンジの受給者証を8月下旬にお送りしています。


対象医療機関

三重県内の医療機関が対象ですが、対応できない医療機関もありますので、受診前に窓口にてご確認ください。

※県外受診分は今までどおり償還払いとなりますので、受診時の領収書と受給資格証を担当窓口までお持ちください。

対象の医療費

医療保険適用分の医療費(通院・入院)です。

保険適用とならない医療費は、窓口で支払います。

受診時の持ち物

医療機関(医科、歯科、薬局、訪問看護)に受診時には下記のものを毎回提示してください。

提示がない場合、今までどおり窓口でお支払いをし、後日助成することになります。

1、受給資格者証

2、健康保険証

3、限度額適用認定書(入院等高額時のみ)

※公費負担医療制度(小児慢性特定疾病や育成医療など)の受給者証を持っている人は一緒に提示してください。

助成対象にならないもの

・入院時の生活療養費標準負担額

・予防接種や文書料など、健康保険が適用されない場合

・日本スポーツ振興センター災害共済の給付対象になる場合

・交通事故等の第三者行為、災害によるもの

注意事項

「転出」などにより、受給資格がなくなった際は、速やかに「受給資格証」を担当窓口へ返還してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局福祉保健課子育て支援係

電話: 0597-23-8202 ファックス: 0597-23-3875 三重県尾鷲市栄町5-5

お問い合わせフォーム