ページの先頭です

カツオの生節

[2015年1月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

燻製みたいな香ばしさとしっとり感!くき漬けともよお合うんさ!

特徴

三枚におろしたカツオをいぶしてつくる東紀州の伝統食「生節」

尾鷲港などで水揚げされたカツオを薬草などと一緒に約2時間ゆでた後、ピンセットで丁寧に骨を抜き、サクラやカシの木の煙で約3時間いぶす。品質が良いカツオを使用するため、香りもよい。

身をけずって尾鷲の特産品、くき漬けと一緒に食べるもよし、マヨネーズ醤油や一味唐辛子にあわせるもよし、楽しみ方は様々。

収穫・販売時期

販売時期:通年

旬の時期:初夏・秋口

初夏(初ガツオ) 脂が少なくあっさり

秋口(戻りガツオ) 脂がのっていてしっとり

違いが楽しめるのも尾鷲の生節の特徴

購入についてのお問い合わせ先

尾鷲観光物産協会:0597-23-8261


ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局商工観光課観光交流係

電話: 0597-23-8223 ファックス: 0597-23-8225

お問い合わせフォーム


カツオの生節への別ルート