ページの先頭です

新型コロナワクチン追加接種(4回目)のお知らせ

[2022年7月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナワクチン追加接種(3回目)を完了された方に、追加接種(4回目)を実施します。
*現時点では、予防接種法に基づき、実施期間は、令和4年9月30日までとなっています。

  4回目接種のお知らせ(60歳以上の方や、基礎疾患を有する方へ)厚生労働省リーフレット

 

 12歳以上の方の初回接種(1・2回目)の接種方法については、こちらをご覧ください。 
 12歳以上の方の追加接種(3回目)の接種方法については、こちらをご覧ください。

対象者

3回目接種完了から5か月以上経過し、接種を希望する尾鷲市に住民登録のある次に該当する方

1.60歳以上の方

2.18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方、その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと
      医師が認める方

3.18歳以上60歳未満の医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

【2.3に該当する方は事前に接種券の申請が必要です】
 
申請をいただいた方には、3回目の接種日から5か月を経過する頃(または申請から2週間前後)に接種券を送付します。

基礎疾患の対象

1)以下の病気や状態の方で通院・入院されている方

 1.慢性の呼吸器の病気
 2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
 3.慢性の腎臓病
 4.慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
 5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
 6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
 7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
 8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
 9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群 
14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持しているまたは自立支援
        医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

 BMI算出方法=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

追加接種(4回目)のお知らせ

1.60歳以上の方
  3回目接種完了から5か月を経過した方へ、順次接種券付予診票等を送付します

2.基礎疾患を有する方等(18歳以上60歳未満)
  基礎疾患のある方等を把握することができないため、3回目接種完了から5か月を経過した18歳以上60歳未満の方へ
     接種券発行申請等のお知らせを送付します。
      接種対象に該当し、接種を希望される方は、接種券発行の申請が必要です。(通知に申請書同封)

 

 ※医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の方は、接種券発行の申請をしてください。ご不明な点等下記まで
  お問い合わせください。

 ※3回目接種後に転入された方および、5か月を経過しても通知が届かない方は下記までお問合せください。
     

     <お問い合わせ先>
      福祉保健課 健康づくり係 (尾鷲市栄町5-5 福祉保健センター2階)      
       電話 0597-23-3871(平日8時半~17時15分)

18歳以上60歳未満の接種対象に該当する方の接種券発行申請手続きについて

18歳以上60歳未満の方で、接種対象に該当し接種を希望される方は、下記のいずれかの方法で接種券発行の申請をしてください。

接種券の発行申請方法 について
 下記のいずれかの方法で申請してください 
 郵送申請書をご記入の上、通知に同封の封筒で返送してください 
 窓口

申請書をご記入の上、下記の窓口に提出してください。 
  尾鷲市栄町5番5号 尾鷲市福祉保健センター2階
    尾鷲市 福祉保健課 健康づくり係

 メール

  返信アドレス kenkou@city.owase.lg.jp
申請書をご記入の上、添付し、上記返信アドレスに送信してください。
件名に「新型コロナワクチン追加接種(4回目)接種券発行申請」
と記載ください。
申請書は、下記よりダウンロードもできます。

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【4回目】

申し込み方法(予約受付)

1.60歳以上の方

 ①②のいずれかの方法でお申し込みください。

①返信はがきで申込(お知らせに同封)
②電話で申込
  福祉保健課 健康づくり係(尾鷲市栄町5-5 福祉保健センター2階)
           電話0597-23-3871(平日8時30分~17時15分)
       ※医療機関での予約受付は実施していません。

2.18歳以上60歳未満の基礎疾患を有する方等及び医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

 接種券発行時、お申込み方法等お知らせします。

接種方法

集団接種

集団接種日程表
 日にち会場 使用するワクチン 
 7月31日(日)

 市民文化会館
(せぎやまホール)

 ファイザー社ワクチン
 8月20日(土) 輪内中学校体育館 ファイザー社ワクチン
 8月21日(日) 市民文化会館
(せぎやまホール)
 ファイザー社ワクチン

個別接種

実施医療機関

九鬼脳神経クリニック・澤田医院・玉置眼科・長野内科小児科・西井外科胃腸科・はしづめクリニック・長谷川内科

使用するワクチン

接種当日の持ち物

①接種券月予診票(予診票は事前にご記入ください)
②本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
③お薬手帳(服薬している方)

※接種前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。
※接種当日は、肩を出しやすい服装でお越しください。

【ファイザー社または武田/モデルナ社】接種後の注意点(厚生労働省リーフレット)

三重県設置「新型コロナウイルスワクチン副反応相談 窓口」

市民の皆さんが、新型コロナウイルスワクチン接種を受けていただいた後、帰宅後などに副反応を疑う症状がみられた際に、相談できる窓口です。

 「新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口」

  電話番号:059-224-3326

 受付時間:24時間対応(夜間、土曜日、日曜日、祝日を含む)
 相談内容:新型コロナウイルスワクチン接種前後に関する副反応の質問や相談 
 対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語

※診療等の医療行為ではなく、専門的な相談を行う窓口です。
※副反応に関する内容以外のお問い合わせはご遠慮ください。

新型コロナワクチンの有効期限延長について

ファイザー社ワクチン・武田/モデルナ社ワクチンの有効期限が延長されました。
接種についてのお知らせ 有効期限の取り扱いについて(厚生労働省ホームページ)

ファイザー社ワクチンについて

ファイザー社ワクチン(12歳以上)については、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長され、また令和4年(2022年)4月22日に「9か月」から「12か月」へと更に延長されました。
有効期限が令和4年(2022年)2月末まで又はそれ以前となっているワクチンは、有効期間が6ヵ月という前提で有効期限が印字されています。
これらのワクチンについては、貴重なワクチンを無駄にせず、有効に活用する観点から、接種に活用して差しつかえない期限まで使用することが可能とされています。

ロットNo.別ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限

武田/モデルナ社ワクチンについて

武田/モデルナ社ワクチンは、 -20℃±5℃で保存する場合の有効期間が令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。
有効期限が令和4年(2022年)3月1日まで又はそれ以前となっているワクチン(ロットNo.3004733のワクチンを除く。)は、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、「有効期間7か月のロット一覧」に掲げるロットNoのワクチンは、有効期限は7か月であるという前提で有効期限が印字されています。
貴重なワクチンを無駄にせず、有効に活用する観点から、接種に活用して差しつかえない期限まで使用することが可能とされています。

ロットNo.別武田/モデルナ社ワクチンの有効期限

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市 福祉保健課 健康づくり係(福祉保健センター2階)
電話: 0597-23-3871 ファックス: 0597-23-3875
E-mail: hoken@city.owase.lg.jp

新型コロナワクチン追加接種(4回目)のお知らせへの別ルート