ページの先頭です

世界遺産熊野古道伊勢路「曽根次郎坂太郎坂」

[2015年7月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

世界遺産熊野古道伊勢路「曽根次郎坂太郎坂」

尾鷲市と熊野市の市境である甫母峠を越えるコースです。曽根の貴重な史跡を巡るほか、古道では美しい石畳や猪垣などに出会えます。八鬼山を越えた後の峠越えは困難だったのか、道沿いには行き倒れの巡礼供養碑が佇んでいます。

※画像クリックで「三重県HP『世界遺産熊野古道伊勢路コース紹介曽根次郎坂太郎坂』(外部リンク)」へ移動します。

この道を歩いた特集記事はこちらから

尾鷲市にある世界遺産熊野古道(正式名称:紀伊山地の霊場と参詣道)四峠の中で、最も南にあるのが、曽根次郎坂・太郎坂です。尾鷲市と熊野市の市境となる甫母峠を越える道で、かつてはこの峠を境に「志摩の国」と「紀伊の国」の領地が分かれており、自分の領地を自領、それ以外を他領を呼んでいました。それが訛り、次郎坂・太郎坂と言われるようになったと伝えられています。

今回は、この「曽根次郎坂・太郎坂」を歩いてきました!

※画像クリックで特集記事へ移動します。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局商工観光課観光交流係

電話: 0597-23-8223 ファックス: 0597-23-8225

お問い合わせフォーム


世界遺産熊野古道伊勢路「曽根次郎坂太郎坂」への別ルート