ページの先頭です

TEKUTEKU OWASE旅 -三木崎・②元盛松編-

[2020年11月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

これが尾鷲のマチュピチュです!!

男「元盛松は昔集落があったんやけど、廃村になった集落なんさ~住民が多かった時代は三木浦、早田よりも多かったみたいやで!」

女「こんなところが三木浦、早田よりも住民が多かったん!?なんか不思議やな~」

男「不思議やり~しかも、その住んどった形跡が残っとってマチュピチュみたいですごいんさー!」

女「尾鷲のマチュピチュってことね!早よ見たいで急ご!」

男「元盛松までは峠を下っていく道やで楽やり?」

女「行く道は楽やろけど帰りはしんどそうやな~」

男「歩く時間も30分ぐらいやで大丈夫やり!」

女「ここは崩れとった所に木の橋をつけてくれたんやな~」

男「尾鷲藪漕隊の方らーが作ってくれたみたいやで!」

女「危険なところも整備してくれてありがたいよ~」

女「おぉ~海が見えてきた!」

男「綺麗な海やな~!あそこに降りて行くんやで!パシャパシャ」

女「猪垣からひょっこりはん!笑」

男「ちょっと古いで恥ずかしいよ…」

女「矢印で元盛松って書いてある~」

男「もうちょっとで集落のあったところに着くで!」

女「跳び箱みたい!」

男「昔ここは小学生の運動場でほんまに跳び箱として使われとったんやって!」

女「えー!ただの大きい丸石やでー!」

男「おー!集落っぽい感じになってきたな~」

女「人の力だけで、よーこんなに集落作ったな~」

男「これが元盛松のメインストリートやで!」

女「えー感じの道が残っとるな-!」

男「普通の石畳と違ってえー味あるな~!」

女「綺麗に敷き詰められた石畳やな~」

女「階段もあって、家がここにあった形跡が綺麗に残っとるな~」

男「ほんまやな~。外壁からど根性木が生えとるな!」笑

女「うわ~!元盛松で住んどった人らの食器も残っとる!」

男「何十年も前の食器がこんなに綺麗に残っとるんやな~」

男「家が建っとった場所に今は木が植えられておるんやな~」

女「木漏れ日が綺麗過ぎるな~癒される~」

女「うわ~またここは立派な家の外壁が残っとるな!」

男「山側と海側では、山側に住んどった人の方が立派な家が建てられたみたいやで~」

男「もう少し先に進んでみよか!」

女「奥地地区と下地地区って書いてあるわ~元盛松にも地区が二つに分かれとったんやな~!」

男「そうそう!小さな集落で限られた人口でしか生活できなんだもんで、27戸しか家が建てられなんだみたいやけど、ずっと27戸をキープしたみたい!」

女「まーそれはみんな親戚みたいなもんやろな!」

女「なんやろこれ!?」

男「これに水を溜めて、みんなの生活水やったみたいやで!」

女「海が見えてきたでー!」

男「船着き場あっちって書いてあるで!」

男「ごつい岩場やな~!」

女「ほんまにこんな所に船着き場あるんかいな?」

男「ここが船着き場でーす!」

女「みんなこの岩場から船に乗っとったんやな~」

女「あそこの崖がすごい形で削られとるな!」

男「自然の力でできたんかいな~!?テトリスみたいで不思議な崖やな!」

男「さっきの運動場まで戻って、もっと綺麗な海みに行こか!」

女「何これ!?めっちゃ綺麗な海見えてきたー!」

男「やばない!この綺麗な海!」

女「沖縄の海みたいな綺麗なブルーやな!」

男「この海を見ながらぼーっとコーヒーを飲むと最高やな!」

女「疲れを海が全部吸収してくれるな~」

男女「みなさんも一度元盛松に足を運んで癒されてみて下さいー!」

今回のルート

「おわせ」の山を歩かれる皆様へ

「おわせ」の山を歩かれる皆様は、自然に身をおくことになります。

十分な装備など、準備を整えていただきますようお願いいたします。

歩かれる方は、必ず下記をご覧ください。

(リンク先) 「おわせ」の山を散策される皆さまは、必ずご一読をお願いします。(別ウインドウで開く)


ちょっと寄り道スポット

・アクアステーション
中京圏唯一の海洋深層水の分水施設。地元民にとっては分水施設に留まらない親しみ易い交流の場として利用されています。また、定期的にイベントも行われています。

・三木里ビーチ
遠浅の約1kmあまりの真っ白な砂浜の海水浴場。後ろには紀伊の吉宗公が植えさせたという松林が連なっています。
夏場はキャンパーや海水浴客が多く訪れ、シーカヤックなども体験できます

・夢古道おわせ
海洋深層水のお風呂と、尾鷲のお母ちゃんたちが作る地域の旬の素材を活用したランチバイキングが人気の施設。地元産品も多数取り扱う。

TEKUTEKU OWASE旅特集はコチラから

TEKUTEKU OWASE旅特集

尾鷲女子旅特集はコチラから

尾鷲女子旅特集

宿泊・おすすめグルメは尾鷲観光物産協会へ

協同組合 尾鷲観光物産協会
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8:30~17:15
(年末年始は休業)
E-mail:info@owasekankou.com

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局商工観光課観光交流係

電話: 0597-23-8223 ファックス: 0597-23-8225

お問い合わせフォーム