ページの先頭です

国民保護計画

[2021年12月16日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

尾鷲市国民保護計画

尾鷲市国民保護計画は、外国からの武力攻撃や大規模テロ等に際して、市が迅速・的確に皆さんを保護するためにあらかじめ策定する計画です。

想定する事態

攻撃の手段や規模により、武力攻撃や大規模テロ等の事態を想定しました。

想定する事態の一覧表

(1)武力攻撃事態

  1. 着上陸侵攻
  2. ゲリラ・特殊部隊による攻撃
  3. 弾道ミサイル攻撃
  4. 航空攻撃
(2)大規模テロ等(緊急対処事態)
  1. 危険物質を有する施設への攻撃(ガス貯蔵施設等)
  2. 大規模集客施設等への攻撃(駅、列車、劇場等)
  3. 大量殺傷物質による攻撃(炭疽菌、サリン等)
  4. 交通機関を破壊手段とした攻撃(航空機による自爆テロ)

平素からの備え

市は、緊急時に避難や救援などの国民保護処置を実施するため、平素から組織・体制の整備、物資・資材の備蓄等の危機管理の強化、訓練の実施のような備えを行います。

市が平素から備えていること

(1)組織・体制の整備

  • 防災行政無線などを活用し、警報・避難の指示などを迅速・的確に伝える体制をつくります。
  • 防災のための連携体制も活用し、関係機関との連携体制を整備します。

(2)物資・資財の備蓄

  • 災害対策用の備蓄を活用します。

(3)訓練の実施

  • 広く住民や事業者に参加を呼びかけ、警察、海保、消防などと連携協力し訓練を実施します。

住民の避難と救援

市は「尾鷲市国民保護対策本部」を設置し、県や消防等の関連機関と連携協力して住民の安全確保に努めます。

(1)警報の通知・伝達

  • 市は、防災行政無線等を通じて、皆さんにすみやかに警報を伝えます。

(2)避難の指示

  • 県の避難の指示にもとづいて、避難実施要領を作成し避難住民の誘導を行います。

(3)避難住民の救援

  • 市避難所の設置、食料や水の供給、健康相談などを行います。また、安否情報を収集し、皆さんに提供します。

被害の最小化

市は、県や他市町、施設管理者等と連携協力して、武力攻撃等に伴う被害をできるだけ小さくします。

  • 電気・ガス・水道や鉄道施設等の安全確保、警備強化、立入制限などを行います。
  • 警戒区域設定による、区域内への立入制限および禁止、退去命令を行います。
  • 危険物、毒物、劇物、高圧ガス等の取扱所での製造等の禁止・制限などを行います。
  • 消火、救助および救急の活動を行います。

大規模テロへの対策

大規模テロ等に対応するため、市は平素から危機情報の収集や警戒、初動対応力の強化などに取り組みます。また、テロが発生したときは、直ちに、県、警察、消防等関連機関と連携協力し、住民の避難や救援などを行います。

(1)危機情報の収集、警戒

  • 常にテロの兆候や情報を把握し、必要な警戒を行います。

(2)訓練の実施

  • 消防や事業者等と連携し、テロを想定した図上訓練や実働訓練を実施します。

国民保護に不可欠な地域の協力

国民保護措置の実施には地域の協力が欠かせません。地域で助け合い「災害に対する備え」と「災害発生時の支援」を行いましょう。

自分自身で身を守る「自助」、地域で助け合う「共助」に基づきご協力ください。

(1)地域の皆さんへのお願い

  • 市や消防が行う訓練に参加するなど、日頃からの備えを行ってください。
  • 不審者や不審物を発見したら、警察署や消防署などにすぐに通報してください。
  • 避難時は、高齢者や障害者など災害時要援護者を助けてください。
  • 避難先では、市が行う飲食料の配給などにご協力ください。

(2)事業所の方々へのお願い

  • 平素から施設の危機管理の強化に努めてください。
  • 警報や避難の指示が出されたら、従業員や施設内の人々への情報伝達・避難誘導を行ってください。
  • 突然、屋外で緊急事態が起きた場合は、施設内への緊急避難にご協力ください。

国民保護措置への協力は、強制ではなく自発的意思にゆだねられるものです。協力をしていただく場合の安全確保に、市は十分に配慮します。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所 防災危機管理室 防災係
電話: 0597-23-8118 ファックス: 0597-22-9343
E-mail: kikikanri@city.owase.lg.jp

国民保護計画への別ルート