ページの先頭です

家庭でできる地球温暖化対策

[2014年7月17日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

なぜ地球温暖化対策が必要なのか?

 

どうして省エネルギーが必要なのでしょう?

それは、エネルギーの消費に伴い、大気中に排出される二酸化炭素の増加によって地球温暖化が起こっているからです。地球の温暖化が進むと、氷河や南極の氷が解け出し、海水面の上昇が起こったり異常気象が起こったりします。

また、利用できるエネルギー資源には限りがあり、このまま使い続けると約40年でなくなってしまうといわれています。

限りある資源を大切に使っていかなければならないため、家庭で簡単に取り組みできることを紹介します。

 

 

家庭でできる地球温暖化対策の紹介!

 

☆    週2日往復8キロメートルの車の運転を控える 

通勤や買い物の際は、バスや鉄道、自転車を利用しましょう。歩いたり自転車を使ったりしたほうが健康にもいいことになります。

    ●年間で約8,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約185キログラム削減

 

☆    日5分間のアイドリングストップ

  駐車や長時間停車するときは、エンジンを切りましょう。大気汚染物質の排出削減にも寄与することになります。

    ●年間で約2,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約39キログラム削減

 

☆    待機電力を90%削減する

  主電源を切ることや、長時間使わないときは、コンセントを抜きましょう。買い替えのときは、待機電力の少ない製品を選ぶようにしましょう。

    ●年間で約6,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約87キログラム削減

 

冷房の温度を高く、暖房の温度を低く設定する

  カーテンを利用して太陽光の入射を調整したり、着るものを工夫したりすることで、冷暖房機に頼らないで過ごせます。

    ●年間で約2,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約31キログラム削減

 

☆    シャワーを1日1分家族全員が減らす

体を洗っている間、お湯を出しっぱなしにしないようにしましょう。

    ●年間で約4,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約65キログラム削減

 

☆    家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らす

  家族が別々の部屋で過ごすと、暖房も照明も余計に必要になります。

    ●年間で約11,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約240キログラム削減

 

☆    炊飯ジャーの保温を止める

  電気ポットや炊飯ジャーの保温は、利用時間が長いため多くの電気を消費します。ご飯は電子レンジで温めなおすほうが電力消費が少なくなります

    ●年間で約2,000円の節約  ●二酸化炭素が年間で約31キログラム削減

 

☆    買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜などを選ぶ

  トレーやラップは家に帰ればすぐごみになります。買い物袋を持ち歩いて、レジ袋を減らすこともできます。

    ●二酸化炭素が年間で約58キログラム削減

 

 

                                                   出典【環境省ホームページ「一人ひとりの地球温暖化対策」より】

家庭でできる地球温暖化対策

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局環境課環境係

電話: 0597-23-8251 ファックス: 0597-23-1700   三重県尾鷲市古戸町10-9

お問い合わせフォーム


家庭でできる地球温暖化対策への別ルート