ページの先頭です

天文科学館ひろば  ~2~

[2019年8月19日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます




こちらのページでは 中村山 山頂の
身近な話題や ちょっとした
情報などを 発信しておりま~す!

Lv-2♪ (2019/6/21~)



中村山の 小鳥たち



あまりの 黒さに はじめは

ツバメかな~? と 思って

いたのですが、とある雨上がり、

時間をみつけて みがいてみると

だんだん スズメ色となり、

次第に 銀色の 小鳥としての

姿を あらわしました 中村山

山頂ゲートの 数羽の オブジェたち。





ことのほか 長雨だった

今年の夏ですが、そんな

中村山にも ひとしれず、

その限りある 季節を 存分に

たのしんでいた ひと群れが

小鳥たちの ほかにも

あったり します。











雨の日と いっても たのしみ方や

つかい方 次第 なんですよね♪

 

 

(2019/8/9)


来年までに



中村山のいち隅で、けなげに

可憐にしおらしく、どこか

ひかえめに群生している趣さえ

あった コグサの類。





育つ雑草を丈の短い品種ひとつに

限定してしまうことで その他の

雑草を生えにくくする手法、

いま風で 言うところの、

グラウンドカバー。一般的には

芝生の生成などが有名ですが、

できれば、中村山在来の品種

だけで敷地内の土止めをはかり

たかったので、館の庭内でも

こじんまりと群生している この

コグサの類を優遇することで、

コケ類とともに天文科学館の外周を

いろどり守ってくれるのではと

期待し、敷地の除草対象から

こっそりとはずして

育てていたのですが、





いざ優遇して 気づいて

みてみると、こちらの予想を

くつがえしてありあまるほどの

すさまじい繁殖力と

成長力。どうやら中村山の

公園内では定期的に草刈り作業を

しておられるため、その勢力が

おさえれらていただけのよう。それ

どころか、培地となるコケの保水性

を利用してすくすくと育ちすぎ、

ひと房単体としても けっこう大型化

しはじめてしまったため、

肝心のコケの育成にも悪影響と

なる可能性が出てきて

しまったほど。しかもこの

品種、わた帽子だけでなく

「竹」

などおなじ要領で、地下に

のばした根の先々から さらに

若葉を芽吹き出し、タネの

拡散とともに その勢力を拡張

する品種の模様。そうなると、

コケの土台さえも痛めてしまう

おそれさえ出てきてしまうため

仕方なく、





予定を変更するかたちで、

ぜんぶ 抜きました。すると、

その大型化した葉カゲをさらに

利用するように ちらほらと

生えだしていた、ほかの雑草の

姿が。ああ、これらを大きく

してしまうまえに気づけて

よかった~、と ふとみると、





スギゴケとおぼしき若い芽の

群生も。さて、あのままコグサ

ばかりを大繁殖させてしまって

いたらとすこし 胸を

なでおろしながら、時間と

晴れ間をみつけては、

せっせと全面の草抜きに

精を出すこととなりました。

 

 

古くとも、きれいにはできる

 

 

29年分の根を持つ雑草たち。

ご存知でしょうか?

当天文科学館、来年10月には

開館30周年をむかえます……♪

 

 

(2019/7/26)


雨間の木星



6月以降、ず~っと悪天候が

つづいています……。ですが、

じつは いま 木星が、

観望にいい 頃合いなんですよね……



撮影場所:尾鷲市内
撮影日時:2019年6月25日 21時19分
撮影者:天文科学館天体観測指導員 松下周司



あら あの大きい星は

なんの星? と、ふと

双眼鏡などをつかって

ながめてみると、以外や

周囲を競うように飛ぶ、

いくつかの 衛星の姿なんかも

ひょっこり 目にすることが

できたりも するのですが……。

 

 

(2019/7/12)


いち番ゼミ



こわれかけのカゴがありましたので





補修だけ済ませて





ふるいに使ってみました。





「つち」 と 「はっぱ」 の

選別だけですので、補修カゴでも

機能は充分。ぱらぱらと育ちの

弱い若苗たちの根元付近に

まいたあと、風でとび散って

しまわないよう水だけまいて





つぎの 「つち」 へと

また 仕込んでおきました。

 

ほどよい効果を みせてくれれば

それでよし、それらしい効果が

みられなかったとしても、

ひょっこり現れるミミズや昆虫、

また土中の微生物たちなどが、

いずれは よろこんで

くれることでしょう♪





いち番ゼミの声を聞きました~♪

 

 

(2019/6/25)


いい感じに






やはり 土質との相性や

場所ごとによる 栄養状態なども

関係しては いるのでしょう、

いま、いい感じに 成長している

群れと、そうでもない 群れとの差が、

はっきりと、識別できる といった

状況です。





こちらは いい感じ。





こちらも





いい感じ。


時間があれば いち度、

「つち」 と 「はっぱ」 を

ふるいに かけて、お天気と

相談などしつつ、育ちの

わるい個所 あたりに、

そろそろ使ってみても

いいのでは ないかしら? と

考えたり しています……♪



(2019/6/21)






……そのほか 尾鷲市立天文科学館ホームページでは


いろいろな情報を ご用意しております♪


「天文科学館総合ホーム」のページへは 下段の画像から、


どうぞお気軽に ご利用くださいませ~!



 

  

 



 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ!)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


天文科学館ひろば  ~2~への別ルート