ページの先頭です

国民健康保険の届出について

[2014年9月12日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民健康保険の届出について

 国民健康保険には、職場の健康保険(健康保険組合や共済組合など)に加入している人、後期高齢者医療制度に該当している人、生活保護を受けている人を除いて、尾鷲市に住んでいる人はすべて国民健康保険の加入者になります(住民票のある外国人の人も対象です)。

 「学校を卒業して、就職先の保険に入った」、「会社を退職して、保険証を返却した」など健康保険の種類が変わった場合は、必ず加入・脱退の手続きをしてください。「いざという時に保険証が使えない。」、「会社から保険料がひかれているのに、保険税の請求がきている。」などの事象が発生しますので、忘れずにお手続きください。

国民健康保険の届出は14日以内に済ませましょう!

 国民健康保険に加入するとき、脱退するときには必ず届出が必要です。次のようなときは、必ず14日以内に届出をしてください。

 国民健康保険証は原則世帯主宛に簡易書留で郵送します。
 なお、窓口でご本人確認できた場合に限り、保険証を窓口でお渡しさせていただきますので、公的機関の発行する身分証明書(運転免許証・パスポート・年金手帳等)をお持ちください。

国保の届出

 

こんなとき

持参するもの

国保に
入るとき

1

他市区町村から転入してきたとき

転入手続きのときに申し出てください。

2

他の健康保険をやめたとき

印鑑、健康保険脱退(資格喪失)証明書

3

1、2の結果新たに家族の一員となったとき

印鑑、転出証明書又は健康保険の脱退(資格喪失)証明書

4

他の健康保険をやめ、退職者医療制度に該当したとき

印鑑、健康保険脱退(資格喪失)証明書、年金証書

5

生活保護を受けなくなったとき

印鑑、保護廃止決定通知書

6

子どもが生まれたとき

戸籍の届出をしてください。

国保を
やめるとき

1

他市区町村へ転出したとき

国民健康保険証を持参のうえ、転出届をしてください。

2

他の健康保険に加入したとき

印鑑、国民健康保険と健康保険の保険証

3

生活保護を受けることになったとき

印鑑、国民健康保険証、保護開始決定通知書

4

死亡したとき

国民健康保険者証を持参の上、戸籍の届出をしてください。

その他

1

退職者医療制度に該当したとき

印鑑、年金証書、国民健康保険証

2

退職者医療制度に該当しなくなったとき

印鑑、国民健康保険証

3

住所、世帯主、氏名などが変わったとき

印鑑、国民健康保険証

4

保険証をなくしたり、汚れて使えなくなったとき

印鑑、国民健康保険証、身分を証明するもの

5

修学のため、子どもが他の市区町村に下宿するとき

印鑑、国民健康保険証、在学証明書

個人の方へ

 一覧表に記載している“健康保険脱退(資格喪失)証明書”は、勤めていた(または勤めている)会社へ連絡して取り寄せていただくか、健康保険組合以外の方は年金事務所にて交付手続きを行ってください。
 年金事務所で手続きをされる場合は、本人確認が必要な書類を必ずご持参ください。そのほか必要なものは、年金事務所にてお問い合わせください。

会社の方へ

 退職された方(または、従業員の方)に脱退(資格喪失)証明書を交付していただく際、指定の様式などをお持ちでない場合は、以下の参考様式をお使いください。

健康保険取得・喪失証明書兼届出書

国民健康保険の届出が遅れると!

 転入やほかの健康保険をやめたときなどの届出が遅れた場合、転入時や健康保険をやめた時にさかのぼって、資格取得となり、多額の保険税が課されることになります。また、その間の医療費は全額自分で負担していただくことになります。

 国民健康保険の資格がなくなったのに資格喪失の届出をしないでいると、国民健康保険の保険証を誤って使ってしまうことがあり、そのときは、国民健康保険が支払った医療費を後ほど返していただくことになります。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所 市民サービス課 国民健康保険係
電話: 0597-23-8193 ファックス: 0597-23-8165
E-mail: kokuho@city.owase.lg.jp

国民健康保険の届出についてへの別ルート