ページの先頭です

国民年金保険料の免除・納付猶予制度

[2010年1月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民年金保険料の免除・納付猶予制度

 経済的な事情や災害などのために保険料の納付が困難な場合は、保険料の免除制度があります。
 保険料の免除や猶予が認められた期間は、資格期間に含まれますので、ぜひ申請ください。

 

保険料の免除制度には・・・

「全額免除」
「4分の1納付(残り3/4が免除)」
「半額納付(残り1/2が免除)」
「4分の3納付(残り1/4が免除)」
があります。

 ただし、これらの制度をご利用頂く場合は、ご本人、配偶者、世帯主の前年所得が、一定の基準額以下であることが条件です。
 また、30歳未満の第1号被保険者の方で所得が一定額以下の方には、納付が猶予される「若年者納付猶予制度」があります。(学生納付特例適用対象者を除く)
 また、学生で本人の前年所得が一定額以下の方には、保険料を後払いできる「学生納付特例制度」があります。
 免除または、納付猶予された保険料については、10年以内に納付することができますが、2年を超えて納付する場合は、経過した年数に応じて一定の加算額が加わります。

 

毎年申請が必要です!

 一般免除の認定期間は、毎年7月から翌年6月までです。(ただし、学生納付特例は毎年4月から翌年3月まで)
 原則として毎年申請が必要ですので、引き続き免除を希望される方は毎年7月に忘れずに申請してください。

 ただし、現在全額免除か納付猶予が認められている方で、免除申請時に継続審査を希望されている方については、自動的に所得判定されますので、毎年申請の必要はありません。
 自分がどちらに該当するかわからない場合は、事前にお問い合わせください。

 


 このほか不明な点や詳細については、市民サービス課総合窓口係または、尾鷲年金事務所(0597-22-2442)までお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所 市民サービス課 総合窓口係
電話: 0597-23-8162 ファックス: 0597-23-8165
E-mail: sougou@city.owase.lg.jp

国民年金保険料の免除・納付猶予制度への別ルート