ページの先頭です

尾鷲市水道事業について

[2008年1月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

尾鷲市水道事業について

概要

  • 尾鷲市の水道
    尾鷲市には、給水能力1日14,500立方メートルの上水道施設(旧尾鷲町内)と、1日3,078立方メートルの簡易水道施設(8地区:須賀利、九鬼、早田、三木浦、三木里、賀田・古江、曽根、梶賀)があり、安全で良質な水の安定供給に努めています。
    水道水は、「水道法」で定められた水質基準に適合した水質であること、必要なだけの水量が常にあること、 必要なだけの水圧が常に保持されていなければなりません。市では、すべての水道施設で源水の取入れから給水に至るまで、 それぞれの施設に対して、機能を十分に発揮させ、能率的に、しかも衛生的に維持管理を行っています。
  • 水道事業の経営
    水道事業の経営は法律によって「事業に必要な経費は、その経営をもって充てること」と定められています。 つまり水道利用者の料金収入が支えとなって水道事業を運営しています。
    皆さんの毎日の暮らしに、安全でおいしい水を絶え間なく送り続けるためには、水道施設の拡張や改良・整備、さらに日常の運転や維持管理が必要です。 なかでも、施設の拡張、改良工事は多額の費用を必要とし、その資金は国などからの借入金でまかなっています。そしてこの借入金は、 皆さんから支払っていただく水道料金の中から利息を含め、計画を立てて返済しながら事業を運営しています。
    これを「独立採算制」といいます。今後の事業運営に当たって、さらなる経営の効率化を図り、水道事業の健全な発展のため、 これからもなお一層努力していきます。
  • 現状と課題
    老朽化した配水管については、耐震構造の配水管に布設替を行い、地震などの災害に備えるとともに、 増口径管等に変更することにより、需要増大への対応や水圧不足の解消に努める必要があります。浄水場施設については、 津波などによる災害や水源地上流での産業開発等による汚濁水への対策にとりくんでおります。
    また、簡易水道施設は、地区別に分散しているため、集中管理システムの導入や、老朽化したポンプ設備の取替えなどにより、 業務の合理化や給水能力の拡大を検討しています。

 

水道の各種お問い合わせ先

水道の各種お問い合わせ先
 担当係お問い合わせ内容 電話 FAX Email 
 工務係水道工事、配水管工事、公道での漏水  0597-23-8273  0597-23-8276koumu@city.owase.lg.jp 
 送水場係水質検査計画・結果、送水関係 0597-23-8274 0597-23-8276 koumu@city.owase.lg.jp
 総務係

水道料金・使用量、水道開閉栓、

水道に関する統計、その他水道に関すること

 0597-23-82710597-23-8276 suidou@city.owase.lg.jp

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市 水道部 総務係
電話: 0597-23-8271 ファックス: 0597-23-8276
E-mail: suidou@city.owase.lg.jp