ページの先頭です

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進

[2014年9月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

3つのRを実行しましょう!

リサイクルを始める前に

 リサイクルさえすれば資源を有効活用できたということではありません。ごみの処理やリサイクルには膨大なエネルギーや費用がかかりますので、まずはごみを減らすことが大切です。

 ごみを減らすための「R」で始まる3つの取り組みを心がけましょう。

3Rでごみ減量!

Reduce(リデュース):発生抑制

ごみを減らす

■食料品はメニューの計画を立てて、余分な物は買わないようにする。

■買い物袋を持参し、余分なレジ袋や過剰な包装を断る。

■詰め替え品を利用して容器ごみを減らす。

■使い捨て商品はなるべく買わない。

■一時期しか使わない物はレンタルを利用したり、友達に借りたりする。

Reuse(リユース):再使用

そのまま繰り返し使う

■長くつきあえるものを買い、壊れたら修理する。

■いらなくなったら別の使い方を考える。

■欲しい人に譲る(リサイクル家具の収集やフリーマーケットも利用)

■繰り返し使用可能な容器(リターナブル容器)の商品を選ぶ。

Recycle(リサイクル):再生利用

もう一度材料として使う

■正しく分別し、資源ごみとして出す。

■店舗などに設置されている回収ボックスを積極的に利用する。

■リサイクル活動の輪をつなげるため、リサイクル品を購入する。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所 環境課 資源リサイクル係
電話: 0597-22-3245 ファックス: 0597-22-5799
E-mail: kurinkuru@city.owase.lg.jp

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進への別ルート