ページの先頭です

マダイの蒲焼丼

[2021年9月3日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

尾鷲古里養殖場の湯浅康史さんの考案したメニューです。

「鯛を蒲焼にしたらどうやろ?」という一言から開発されたこのメニュー。ひつまぶしのように薬味をのせたり、お茶漬けにするとさらにおいしく召し上がれます。

材料

薬味、お茶漬けで二度、三度

(4人分)
皮付き鯛の切り身  250g
しょうゆ      1/4カップ
みりん       1/4カップ
酒         1/8カップ
砂糖        大さじ2
山椒、ネギ、わさび、きざみのり、だし汁

鯛の蒲焼丼の作り方

①しょうゆ、みりん、酒、砂糖を煮切って、冷ます。

②鯛は皮を付けたまま少し厚めの刺身(厚さ約1cm)にし、①のたれに30分以上漬け込む。

③切り身は両面、フライパンで少し焦げ目が付く程度に弱火で焼く。

④切り身を漬け込んだ後のたれを煮詰めて、あつあつのご飯に適量からめる。

⑤切り身をご飯の上にのせて完成。
※お好みで薬味やわさびをのせ、熱いだし汁でお茶漬けにする。

鯛料理レシピ 7品 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局水産農林課水産振興係

電話: 0597-23-8231 ファックス: 0597-22-9184

お問い合わせフォーム