ページの先頭です

未熟児養育医療の給付

[2016年3月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

未熟児養育医療給付について

身体の発育が未熟なままで生まれた満1歳未満の乳児に対して、指定養育医療機関の医師が入院養育を必要と認めた場合、その医療費(保険診療分)を給付する制度です。

 給付対象者 

 1 出生時体重が2000グラム以下の場合

 2 生活力が特に薄弱であって、身体の発育が未熟なために現れる一定の症状を有する場合

申請の手続き

原則、入院治療開始日から60日以内に、尾鷲市福祉保健センター2階 尾鷲市役所 福祉保健課 子育て支援係 へ必要書類を提出してください。

申請時の持ち物

・申請書類    養育医療給付申請書、養育医療意見書、世帯調書

          下記リンクからダウンロードするか、市福祉保健センター2階事務室に置いてあります。

・健康保険証  お子さんの氏名が記載された保険証、またはお子さんが加入する予定の被保険者の

                      保険証

・福祉医療費受給者証

・世帯の所得税等を証明できる書類(源泉徴収票・確定申告書の控え等)

・印鑑

・「個人番号カード」または「通知カード+運転免許証等」

※個人番号制度の導入に伴い、申請書類に「対象児」と「保護者」を含む世帯全員の個人番号の

    記入が必要となります。

 

申請書類

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所 福祉保健課 子育て支援係(福祉保健センター2階)
電話: 0597-23-8202 ファックス: 0597-23-3875

未熟児養育医療の給付への別ルート