ページの先頭です

平成30年度決算の概要について

[2020年2月14日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

一般会計の決算概要について

 平成30年度決算について

            決  算  額

一般会計
 歳入総額10,223,698,925円 
 歳出総額10,004,492,534円 
 歳入歳出差引額219,206,391円 

・実質収支額

 歳入歳出差引額から令和元年度への繰越事業に必要な財源 862,000円を差し引いた実質収支額は 218,344,391円となりました。

・単年度収支額

 平成30年度実質収支額から平成29年度実質収支額 233,322,972円を差し引いた単年度収支額は 14,978,581円の赤字となりました。

・実質単年度収支額

 平成30年度単年度収支額と、財政調整基金への 480,881,000円の積み立て、 898,063,000円の取り崩しの差し引き額を合計した実質単年度収支額は 432,160,581円の赤字となりました。

・歳    入

 前年度に比べて、市債、国庫支出金などが減額となりましたが、繰入金、地方消費税交付金及び寄附金などが増額となり、歳入合計で 53,883,171円の増額となりました。特に、繰入金が大幅に増額しています。

 
                                                      財源別歳入決算額
歳     入
  市        税 2,181,351,447円   21.3%  地方交付税  3,565,706,000円  34.9%
  繰  入  金1,157,892,278円   11.3%  国庫支出金865,503,977円    8.5%
  繰  越  金245,516,972円   2.4%  市     債612,000,000円    6.0%
  寄  附  金137,374,000円   1.3%  県 支 出 金586,465,762円    5.7%
  諸収入ほか432,079,489円     4.2%  地方消費税交付金ほか 439,809,000円    4.3%
自主財源 合計4,154,214,186円40.6%依存財源 合計6,069,484,739円59.4%

  ※構成比は四捨五入によるため合計が合わない場合があります。

・歳    出

 歳出は前年度に比べて、80,193,752円の減額となりました。
主な普通建設事業として、

・清掃工場補修・更新事業                136,663千円                               
・水産基盤ストックマネジメント事業    129,410千円
・尾鷲港新田線整備事業地元負担金   34,534千円   

を実施しました。


 
                                     款別歳出決算額
歳    出
民生費 3,207,146,220円 32.1%
総務費 2,039,323,433円 20.4%
衛生費 1,460,574,249円 14.6%
公債費 1,147,588,546円 11.5%
教育費 644,675,131円 6.4%
消防費 461,397,060円 4.6%
農林水産業費 445,598,220円 4.5%
土木費 346,818,728円 3.5%
商工費 131,279,017円 1.3%
議会費 117,975,130円 1.2%
災害復旧費 2,116,800円 0.0%

  ※構成比は四捨五入によるため、合計が100にならない場合があります。



平成30年度一般会計・特別会計決算書

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局会計課会計係

電話: 0597-23-8181 ファックス: 0597-22-3400

お問い合わせフォーム


平成30年度決算の概要についてへの別ルート