ページの先頭です

入庁式ブリ贈呈

[2022年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和4 年度尾鷲市辞令交付式において、新規採用職員に、今が旬の春ブリを贈呈しました。

 ブリは尾鷲市にとって古くから経済的、文化的に重要かつ関係の深い魚で、「出世魚」と呼ばれる代表的な魚でもあることから、尾鷲市の「発展」の願いを込めて、平成元(1989)年に「市の魚」として指定されました。全国的にはブリといえば、日本海の寒ブリが有名ですが、尾鷲市沿岸には、丸々とした産卵前の回遊群が春に訪れます。

入庁式ブリ贈呈

not found

 この今が旬の尾鷲の春ブリを、新規採用職員に出世魚であることにちなんで、「活躍、発展」の願いを込めて、贈りました。

市⻑の言葉

「ブリはモジャコ、ワカナ、ツバス、ワラサ、ブリと大きさで名前が変わります。出世するためには努力、実績が必要。そういう思いでモジャコから一生懸命勉強して尾鷲市のために頑張ってほしいと思います。」




                              新規採用職員による宣誓

                              令和4年度新規採用職員

                                贈呈された春ブリ

ブリの贈呈(市長と代表新規採用職員)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所市長部局水産農林課水産振興係

電話: 0597-23-8231 ファックス: 0597-22-9184

お問い合わせフォーム


入庁式ブリ贈呈への別ルート