ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

尾鷲市ホームへ

住みたいまち住み続けたいまち おわせ

メニューの終端です。

あしあと

    念仏寺阿弥陀三尊像【ねんぶつじあみださんぞんぞう】

    • [公開日:2017年2月2日]
    • [更新日:2022年1月5日]
    • ID:13010

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    念仏寺阿弥陀三尊像

     この絵画は、たて81cm、よこ33cmの、観無量寿経に説くところの阿弥陀三尊来迎図で、正面に往生(おうじょう)者を迎えるため、画面向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩をしたがえられた阿弥陀如来が、西方極楽浄土から、雲煙に乗じて来迎する様子が、写実的で繊細な筆致で描かれている。
     阿弥陀如来の円顔は、温顔そのもので、つぶらな眼、円満な口唇は、往生者を俯瞰(ふかん)する阿弥陀の慈悲相で、鎌倉末期に流行した宅内栄賀一派の画風に通じるものがある。袈裟(けさ)は茶色のくすんだ色合いで、唐草模様、乱れ蓮模様等を配した金泥文様で、概して渋味のある落ち着いた色調を主にしている。
     この絵画は、元和8(1622)年、僧弁誉が尾鷲浦土井町へ念仏寺を草創した当時より、寺宝として歴代伝わったものであるが、昭和35(1960)年7月、京都にて修理の際、京都博物館前館長土居次義博士、同館白畑技官の鑑定により、鎌倉末期の作品と認証された。

     

    念仏寺阿弥陀三尊像

     

    念仏寺阿弥陀三尊像の概要

    指定区分

    市指定

    指定種別

    有形文化財(絵画)

    指定登録日

    昭和35(1960)年10月24

    所在地

    尾鷲市朝日町

    所有者

    念仏寺

    一口メモ

    阿弥陀三尊来迎図

    お問い合わせ

    尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

    電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム