ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

尾鷲市ホームへ

住みたいまち住み続けたいまち おわせ

メニューの終端です。

あしあと

    土井本家湧井井戸【どいほんけわくいいど】

    • [公開日:2017年2月2日]
    • [更新日:2022年1月5日]
    • ID:13007

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    土井本家湧井井戸

     この井戸は、古戸野にある土井本家茶納屋の前にあり、井戸に関する文書は残っていないが、土井本家がこの地に茶畑を経営したのは、宝暦年間(1751~64年)のことであるから、おそらくその頃に建造されたものであろう。
     古戸野は、水量不足のため米作には適さず、土井本家は宇治から茶種をとり入れ、また同地から製茶職人を招いて製茶に励んだ。文化年間(1804~18)の頃には銘茶を紀州侯に献上し、文政年間(1818~30)の頃には、生茶の生産高15,000貫、製茶にして3525貫にも達した。
     井戸の深さは6mであるが、井戸の南面は底より2mのところまで15mのゆるやかな傾斜で通路が作られている。
     この井戸の使命は、茶園の灌漑用水源であって、桶で水を汲み出したが、雨季には井戸の水位が上がり、冬の乾期には井戸の底まで水位が下がる。この涌井井戸は、こうした状態に合わせて便利に使用できるように作られたものである。
     涌井方式は南中国に多い型式であるが、土井本家は古くから薩摩藩と交流があったため、同藩を通じてこの涌井方式も知り得ていたのであろう。

     

    土井本家湧井井戸

     

    土井本家湧井井戸の概要

    指定区分

    市指定

    指定種別

    有形文化財(建造物)

    指定登録日

    昭和51(1976)年3月2

    所在地

    尾鷲市古戸町

    所有者

    個人所有

    一口メモ

    新田開発と茶園経営

    お問い合わせ

    尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

    電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム