ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

尾鷲市ホームへ

住みたいまち住み続けたいまち おわせ

メニューの終端です。

あしあと

    城山女王滝【しろやまじょうおうたき】

    • [公開日:2017年2月2日]
    • [更新日:2022年1月5日]
    • ID:13058

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    城山女王滝

     国道425号線の八幡トンネル西口より古川沿いに約1,400㍍さかのぼると女王滝があり、古川右岸に城山がある。この城山は約900㌃ほどで周囲は空堀に囲まれている。
     口碑に2節があり、平家滅亡の時に平家方のある女王がここに逃れたとも、また南朝のある王子が逃れてここに住んだともいう。
     後醍醐天皇の第1子である大搭宮護良親王より5代の後裔、西陣新王の第3皇子である桂城宮重信親王は、1531年10月16日、楠・野田の忠臣に護られ、矢浜に住み着き浄に入った(死没)といわれる。重信親王が矢浜に在住中も北朝方の追手が厳しく、ここに避難した。
     こうした南朝の数少ない史跡のうえに、付近一帯は景勝地である。

     

    城山女王滝

     

    城山女王滝の概要

    指定区分

    市指定

    指定種別

    史跡名勝記念物(史名)

    指定登録日

    昭和54(1979)年10月1

    所在地

    尾鷲市大字南浦字川原木屋地内

    所有者

    尾鷲市 

    一口メモ

    落人伝承と名勝地

    お問い合わせ

    尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

    電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム