ページの先頭です

佐波留島【さばるじま】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐波留島

 尾鷲湾の湾頭にあり、広さは4.65haで、島全域が暖帯性の常緑樹林に覆われている。主な樹種は、「クロマツ、アカマツ、スダジイ、タイミンタチバナ等」であり、樹陰には「サカキカズラ、ナギラン等」が見られる。 また「アオサギ、ゴイサギ、クロサギ、シロサギ等」のサギ類が生息し、日本でも最大のコロニーと思われる。
 この島の特徴としては、西半分(尾鷲湾側)と東半分(太平洋側)とは、全く地質が異なることである。西半分(尾鷲湾側)は砂層・泥岩からなり、東半分(太平洋側)は花崗斑岩からなる。高さ20m以上の節理が発達し、海食洞も見られる。

 

佐波留島

 

佐波留島の概要

指定区分

県指定

指定種別

史跡名勝記念物(天記)

指定登録日

昭和44(1969)年3月28

所在地

尾鷲市大字南浦4107

所有者

尾鷲市

一口メモ

アオサギの集団営巣地・逆断層

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


佐波留島【さばるじま】への別ルート