ページの先頭です

九木神社樹叢【くきじんじゃじゅそう】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

九木神社樹叢

 九鬼湾入口のやや半島状に突出した小さな岬の上には九木神社があり、境内の樹叢は、「クスノキ、ホルトノキ、タブノキ、スダジイ、オガタマノキ等」を第一層とする典型的な暖帯地方の海岸林で、林内には多数の暖地性植物が繁茂している。
 特に、ヘゴ科のシダ、「クサマルハチ」は日本での分布の北限にあたるほか、本州で最初に発見された場所でもあり、植物分布地理学上、貴重である。

 

九木神社樹叢

 

九木神社樹叢の概要

指定区分

国指定

指定種別

記念物(天然記念物)

指定登録日

昭和12(1937)年4月17

所在地

尾鷲市九鬼町字小名地

所有者

九木神社

一口メモ

亜熱帯・暖地性草木自生

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


九木神社樹叢【くきじんじゃじゅそう】への別ルート