ページの先頭です

大曽根浦方文書【おおそねうらかたもんじょ】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

大曽根浦方文書

 大曽根浦庄屋の記録した公式文書で、宝永3(1706)年から68通の「納銀通」が残っているのをはじめとして、土地制度・租税・財政・行政そのほか各分野の記録がある。
 大曽根浦は尾鷲神社との関係が密接で、尾鷲湾内の漁業権を有していたため、漁業に関する記録が特に多量である。
 大曽根浦は地下網経営であったから、277冊に及ぶ諸魚代割帳は、江戸・明治・大正期の漁業資料として貴重なものである。その代割の方法は江戸期より大正期まで、終始同じ方法によって分配されており、興味深い漁業資料として注目されている。

 

 大曽根浦方文書

 

大曽根浦方文書の概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(書跡)

指定登録日

昭和46(1971)年12月13

所在地

尾鷲市大曽根浦

所有者

大曽根区

一口メモ

漁業資料豊富

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


大曽根浦方文書【おおそねうらかたもんじょ】への別ルート