ページの先頭です

向井遺跡出土品【むかいいせきしゅつどひん】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

向井遺跡出土品

 遺跡は尾鷲市大字向井の集落西北隅に位置し、昭和29(1954)年の発見である。
 昭和33(1958)年、奈良国立文化財研究所の坪井清足氏が調査され、「向井式土器」と仮称されるなど注目されはじめた。
 本遺跡を都市計画道路の茶地岡~向井線が通ることになり、昭和53(1978)年1月に第1次調査が行われた。昭和56(1981)年6月より9月まで第2次調査が行われ、終了後に遺跡は道路となった。
 遺跡の出土品は、昭和29年の発見以来、表土採集された石器・土器片に、第1次・第2次発掘調査に出土した石器・土器片を加えて、小破片とも約1500点におよぶ。これらほとんどは、縄文早期末葉のものであるが、縄文前期末葉・弥生式の各1片も含まれている。
 学術上の貴重な遺物である。

 

向井遺跡出土品

 

向井遺跡出土品概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(考古資料)

指定登録日

昭和56(1981)年12月9

所在地

尾鷲市大字向井

所有者

中央公民館

一口メモ

縄文早期の土器片・石器

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


向井遺跡出土品【むかいいせきしゅつどひん】への別ルート