ページの先頭です

三木城跡【みきじょうあと】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

三木城跡

 三木城は、戦国時代に三木浦の武将三鬼新八郎の居城であり、天正3年(1575)から6年かけて、4回の戦禍をうけている。
 天正3年三木城は新宮の堀内氏の攻撃をうけたが、三鬼新八郎は九鬼嘉隆の援軍を得て堀内勢を破った。しかし間もなく三鬼氏と九鬼氏は不和となったため、再び堀内氏の攻撃をうけて三木城は落城し、三鬼新八郎は奈良県上北村へ逃げたが、間もなく土地の者に殺された。その後長島の加藤氏が三木城を奪い、同6年加藤氏は堀内氏の2000の兵に追われた。
 本丸・二の丸は現在三木小学校の用地となってしまったが、この城山のみがわずかに往時の面影を残している。

 

三木城跡

 

三木城跡の概要

指定区分

市指定

指定種別

史跡名勝記念物(史跡)

指定登録日

昭和48(1973)年7月14

所在地

尾鷲市三木浦町

所有者

尾鷲市 

一口メモ

三鬼新八郎の山城

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム