ページの先頭です

髙宮神社樹叢【たかみやじんじゃじゅそう】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

髙宮神社樹叢

 高宮神社は須賀利町のほぼ中央にあり、南面にした山麓に位置し、四季常緑の亜熱帯性・暖地性樹叢におおわれている。
 高宮神社の樹叢は島勝浦の樹叢とよく似ており、特殊なものとして「びろーどむらさき、みさおのき」があって、島勝浦につぐ北限をなしているし、社前には「にほんたちばな」が2本あって、黄実をたわわにつける。また、樹上には「まつばらん」の群生があり、樹下の羊歯(しだ)群も種類が多い。

 

髙宮神社樹叢

 

髙宮神社樹叢の概要

指定区分

市指定

指定種別

史跡名勝記念物(史跡)

指定登録日

昭和30(1955)年9月10

所在地

尾鷲市須賀利町

所有者

髙宮神社

一口メモ

亜熱帯・暖地性草木自生

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


髙宮神社樹叢【たかみやじんじゃじゅそう】への別ルート