ページの先頭です

(紙本墨書)尾鷲組大庄屋文書【(しほんぼくしょ)おわせぐみおおじ(し)ょうやもんじょ】

[2015年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(紙本墨書)尾鷲組大庄屋文書

 尾鷲組の歴代大庄屋の管内(南浦、林浦、中井浦、堀北浦、天満浦、水地浦、野地村、矢浜村、向井村、大曽根村、行野浦、九木浦、早田浦、須賀利浦の14ヶ村)に関することを記録した公式文書である。宝永4(1707)年10月4日、大地震津波のため、大庄屋役所も流失したので、この津波以前の文書は特殊なものを除いては残っていないが、その後の文書は宝永5(1708)年以来明治初年まで、28代の大庄屋が文書を引き継ぎ丹念に土蔵のなかに保存してきた。林業関係を除いて、ほとんど全分野にわたって完全に保存されており、現在では製本された1,684冊がある。
 文政9(1826)年に会合所ができてから明治3(1870)年までこの会合所に保管されてきた。

 

尾鷲組大庄屋文書

 

(紙本墨書)尾鷲組大庄屋文書の概要

指定区分

県指定

指定種別

有形文化財(書跡)

指定登録日

昭和35(1960)年5月17

所在地

尾鷲市中村町10-41

所有者

尾鷲市(尾鷲市立中央公民館)

一口メモ

歴代大庄屋の公式文書

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


(紙本墨書)尾鷲組大庄屋文書【(しほんぼくしょ)おわせぐみおおじ(し)ょうやもんじょ】への別ルート