ページの先頭です

東其石筆洋画那智の滝【ひがしきせきひつようがなちのたき】

[2015年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東其石筆洋画那智の滝

 作者の本名は、東守七。明治19(1886)年、南牟婁郡尾呂志村(現御浜町)に生まれ、明治38(1905)年3月東京美術学校を卒業した。在学中、師である黒田清輝画伯に教えを受け、同氏の主宰する巽会の同人として活躍した。
 幼くして叔父・東宗軒氏(俳号龍孫)の養子となり、養父に従い転々と住所を変え、大正10(1921)年には、宗軒氏が開業した東病院(のちの尾鷲病院)の跡を継ぎ、尾鷲病院の院主となった。
 この「那智の滝」は、東京美術学校卒業記念の作品で、3ヶ月間小屋掛けして描いたといわれている。画風は師の黒田清輝画伯の流れをくみ、幽玄な滝を丹念に描いた、たて117cm、よこ80cmの大作である。

 

東其石筆洋画那智の滝

 

東其石筆洋画那智の滝の概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(絵画)

指定登録日

昭和53(1978)年1月17

所在地

尾鷲市朝日町

所有者

個人所有

一口メモ

其石代表作の原画

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


東其石筆洋画那智の滝【ひがしきせきひつようがなちのたき】への別ルート