ページの先頭です

金剛寺の仁王像【こんごうじのにおうぞう】

[2015年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

金剛寺の仁王像

 仁王尊は伽藍(がらん)守護の神で、寺院山門の両脇に安置されている。開口形を金剛像、閉口形を力士像というが、ともに勇猛(ゆうもう)・獰悪(どうあく)の形相をしていて、寺院の守護神である。
 この仁王尊一対は、ドイツ人が日本で購入し、本国に持ち帰るべく横浜港に運んだところ、大正3(1914)年8月、第一次世界大戦となり、日独が敵対関係となったため、彼は輸送を断念し、横浜の業者に売却して帰国した。それを、昭和3(1928)年に金剛寺山門が落成したとき、鬼頭弥左衛門氏が購入し寄進したものである。
 当地方では立派な山門を有し、巨大な仁王像をまつっているのは、金剛寺だけであり、そのうえ見事な力強い彫刻である。江戸時代初期の制作と推定され、身長はともに3m70cmである。

 

 金剛寺の仁王像

 

金剛寺の仁王像の概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(彫刻)

指定登録日

昭和51(1976)年9月18

所在地

尾鷲市北浦町11-8

所有者

金剛寺

一口メモ

市内で唯一

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


金剛寺の仁王像【こんごうじのにおうぞう】への別ルート