ページの先頭です

金剛寺の梵鐘【こんごうじのぼんしょう】

[2015年8月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

金剛寺の梵鐘

 宝暦5(1755)年の作品で、梵鐘としては市内最古のもので、戦時中の梵鐘供出の際、常声寺の梵鐘と共に佳品として供出をまぬがれた。全高138cm、下帯直径76cmの巨大な鐘である。
 池の間四面に刻まれている内容によると、藤原種茂作で、再鋳し置くとあるが、その前の鐘について池の間一面に、「金剛寺草創以来、黄鐘を鋳していたが、銘文も入れなかったし、喜捨(きしゃ)した人たちの名も知ることができない。いわゆる豊山の鐘ではあったが、年を経て古くなったのか、その洪音もとおり難しくなってしまった。そのため宝暦5年にその黄銅の鐘も入れて再鋳した」と記している。

 

金剛寺の梵鐘

 

金剛寺の梵鐘の概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(工芸品)

指定登録日

昭和50(1975)年3月31

所在地

尾鷲市北浦町11-8

所有者

金剛寺

一口メモ

藤原種茂作

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


金剛寺の梵鐘【こんごうじのぼんしょう】への別ルート