ページの先頭です

東禅寺の氏寺旧記【とうぜんじのうじでらきゅうき】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東禅寺の氏寺旧記

 氏寺旧記のうち、乾坤(けんこん)は和紙10枚、乾は和紙13枚であるが、乾坤の最後は欠本となっているため、書かれた年代は不明である。しかし文面より寛保(1741~44)ごろの手記と推定される。
 乾坤に記された歴代住職在職中の事項のなかには、賀田村をはじめ近郷の浦村の歴史的な事項が多く記されている。
 このほか曽根弾正の入郷、曽根浦・賀田村入会山林のもつれ、災害・火事など記されており、南輪内の貴重な郷土資料である。

 

東禅寺の氏寺旧記

 

東禅寺の氏寺旧記の概要

指定区分

市指定

指定種別

有形文化財(書跡)

指定登録日

昭和45(1970)年8月28

所在地

尾鷲市賀田町724

所有者

東禅寺

一口メモ

南輪内郷土資料

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


東禅寺の氏寺旧記【とうぜんじのうじでらきゅうき】への別ルート