ページの先頭です

見世土井家住宅主屋ほか8件【みせどいけじゅうたく】

[2017年2月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

見世土井家住宅主屋ほか8件

土井見世邸主屋外観

 尾鷲有数の山林経営家、見世土井家の住宅で、尾鷲市朝日町の一角に所在し「土井見世邸」として広く知られている建物群である。主屋は昭和6年に建築された、当時人気の高かった和風モダニズムの住宅。東西に長く、東端の玄関周りを洋風意匠として脇に応接間を附属し、西側は和室で、数寄屋風の座敷等を並べている。旧熊野街道沿いの敷地東辺には主屋の洋館部分と同様の色モルタル塗粗面仕上げの塀をめぐらせ、正門を開く。北辺には土塀をめぐらせ、木造の通用門を開く。敷地内には、土蔵や納屋、外便所や井戸屋形といった付属建物もまとまって良く残っており、山林経営家の風情あるたたずまいを今に残す貴重な建物群である。
 見世土井家は、紀州尾鷲土井家・本家の五世である八郎兵衛宗軒氏の三男、忠兵衛氏が分家して祖となった旧家であり、代々の山林経営とともに生活必需品等の販売を行ってきたことから「見世(店)」の屋号をもち、「土井見世」と呼称され広く親しまれてきた。代々の当主には、尾鷲組大庄屋や初代尾鷲町長を務めた方がいるなど、尾鷲市の歴史とも関わりが深い旧家の一つである。

登録物件9件の名称及び概要


(1)見世土井家住宅主屋(2)見世土井家住宅本蔵(3)見世土井家住宅蔵(4)見世土井家住宅納屋(5)見世土井家住宅米蔵(6)見世土井家住宅外便所(7)見世土井家住宅井戸屋形(8)見世土井家住宅正門及び塀(9)見世土井家住宅北通用門及び土塀

見世土井家住宅主屋ほか8件の内容

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
見世土井家住宅主屋ほか8件の概要
指定区分国登録
指定種別有形文化財(建造物)
指定登録日平成27(2015)年8月4日
所在地尾鷲市朝日町
保護団体名個人所有
一口メモ尾鷲市有数の山林経営家の建物群

関連コンテンツ

尾鷲市の文化財

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課生涯学習係

電話: 0597-23-8293 ファックス: 0597-22-0080   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム


見世土井家住宅主屋ほか8件【みせどいけじゅうたく】への別ルート