ページの先頭です

最近の星の世界(2017年11月)

[2017年11月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆最近の星の世界から☆

最近の星の世界 2017.11月

地球儀

矢浜小学校天文学習会

 11月30日夜、天文館で月の学習会がありました。矢浜小学校の4年生と6年生が参加しました。月はなぜ満ち欠けするのかなど疑問を学ぶとともに、6年生には月の写真を撮ってもらいました。生まれて初めての本格的な天体写真です。口径15cm・焦点距離105cmの、性能の安定している屈折望遠鏡に一眼レフを取り付けて行いました。
 14枚の画像はどれもよく写っており、後日プリントして学校へお届けました。その中の1枚が特によく写っており、これは大きくプリントしました。
 私たちは大気の底で天体写真を撮っているため、上空の空気の流れに写りを左右されます。月面写真でも同じことがいえ、大気の揺らぎのない瞬間にシャッターを押すと、ご覧のような見事な月が写ります。
 職員が撮影するときは運を天に任せて、200枚近く撮ることがあります。

矢浜小学校 月の学習会

81cm望遠鏡で月を観察する児童

学習会時に撮影した月面(6年生児童)

欠け際クレーターのシャープさをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
  開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
  TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp