ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

尾鷲市ホームへ

住みたいまち住み続けたいまち おわせ

メニューの終端です。

あしあと

    最近の星の世界(2022年4月)

    • [公開日:2022年4月3日]
    • [更新日:2022年4月3日]
    • ID:18866

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    ~ 尾鷲市立天文科学館より ~

    ばら星雲


    オリオン座のすぐ東側にある、印象的な散光星雲です。バラの花をモチーフにした小円盤状の文様(大辞泉)に似ているため、ばら星雲(The Rosette Nebula)と呼ばれています。



    赤外線で光っているため、従来のカメラではなかなか写せない天体でした。若い星が約130個も含まれているそうです。距離5500光年、直径130光年もあり、オリオン大星雲の10倍以上の大きさがあります。


    StellaNavigator 11

     

    分かりやすい位置にありますが、赤外線なので直接目で確かめることはできません。


     

    ※3月は天気が安定せず、望遠レンズをマクロレンズに持ち替えて、慣れぬ地上の花を撮影しました。



    クマノザクラ



    3月中旬、ほかの桜より早く咲くことで知られているクマノザクラを探して、バイクで50kmほど走りました。

     

    矢ノ川トンネル~八幡峠~魚跳峡を探しましたが、咲いていたのは尾鷲トンネル南側の1本だけでした。

     

    控え目な小さい花が特徴です。


    ソメイヨシノ


    玄工山桜公園(3月30日撮影)

      旧東邦石油タンクヤード南側

     

    桜は バラ科サクラ亜種サクラ属 だそうです。




    泉町公園(4月1日撮影)

     

    足元には ハナニラ の花が。


    (アルゼンチン原産)

     

     

    ~お知らせ~

     

    4月9日から6月5日まで、県立熊野古道センターで尾鷲で写した天体写真(大判)を30数枚特別展示室企画展で展示します。同時に今まで公開することのなかった25cmシュミットカメラとその付属品を公開します。尾鷲の空で撮影された写真が8ページに渡って掲載された、天文雑誌も展示します。

     

    詳しい案内は

    http://kumanokodocenter.com/exhibition/220409-0605/



    尾鷲市立天文科学館天体観測指導員 湯浅祥司



    ~ 天文科学館からのご案内 ~





    そのほか当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や、各種のイベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


     ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪



     


     

    (当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ♪)

    お問い合わせ

    尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

    電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム