ページの先頭です

最近の星の世界(2021年2月)

[2021年2月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 尾鷲市立天文科学館より ~



  

  開館30周年……
  日々の積みかさねは
  ときに、思いもよらない
  記録となって 残っていたり
  するものです……




それでは中村山からの天体解説、湯浅さん、よろしくおねがいしま~す♪



記録の意味




はい こんにちは。天文科学館の撮影および解説担当、天体観測指導員 湯浅祥司です。

 

 

では さっそく、今月もまいりましょう 「最近の星の世界」。




お年玉撮影会


1月9日、今年初めての天文科学館、夜間観望会を開きました。コロナ渦で参加者は少なかったのですが、宙(そら)の状態が良く、月明かりもないため急遽「お年玉観望会」を開催しました。


時間の余裕もあったので、4人の方にスマホで「すばる」や「オリオン大星雲」を撮っていただきました。意外とよく写りました。


大きいカメラを持っていたので、順番に眺めたあと、シャッターを押していただきました。いつもとちがうのは、撮影者の方よりアドレスをいただいたので、後日画像を送らせてもらいました。「しばらく眺めてしまった」というご感想が返ってきました。


さて、その時撮った画像を、新しい画像ソフトで合成・画像処理しました。ご覧ください。



すばる(M45)

6枚を合成しているので、だれの写真、というわけではありません。お互い補完し合ってクリアな写真ができた、というところです。



オリオン大星雲(M42)

いつのもきれいな大星雲です。4枚を合成することで、ピンクの分子雲が鮮明になりました。中央左側には人工衛星も飛んでいます。


アーカイブ 1 -日出帯食~1992年1月5日-


30年間写真を撮り続けていると、記録として残したいカットがあります。30周年事業の準備をしていて出てきた画像を、思いつくまま紹介します。



日食のまま昇ってくる太陽を「日出帯食(にちしゅつたいしょく)」といいます。古い広辞苑や大辞林には、載っていない言葉です。



天文科学館ができて1年が過ぎたころの正月5日に、この現象が見られることがわかりました。予行演習をかねて、元旦には「第1回初日の出を観る会」を開催しました。当日は水平線に薄曇があり、2日にも出かけました。このときは成功し、撮影の感覚がつかめました。


当日5日には天候も良く、最高の状態で経過を見ることができました。



調べてみると、前回見えたのは153年前の1839年9月8日(天保9年)のことでした。スケッチは見当たりません。今回よりよく欠けたのですが、日出帯食の記録や将来の予報は見当たりません。今回も、連続写真が載っているのは1例だけ、という状態です。


2057年、2085年の早朝に日食があります が、いずれも太陽高度が高くなってからの現象です。


天文科学館開館30周年……今回は1992年1月5日、日出帯食のもようをご紹介しました。





さて、今月の中村山 山頂ドーム発 「最近の星の世界」、

 

いかがでしたでしょうか。以上、

 

尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員、湯浅祥司でした。

 

 

 

 

湯浅さん、ありがとうございました!

30年……ひょっとすると、

今回 撮影していただいた

「すばる」や「オリオン大星雲」の

画像なども、幾時代かを経たころには

貴重な瞬間と なっているかも

しれませんね……♪


次回もどうぞ よろしくおねがいしま~す!





~ 天文科学館からのご案内 ~





そのほか、当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や各種イベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


 ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪




 ではまた 次回の 星の世界で!

 



 

 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ~♪)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム