ページの先頭です

最近の星の世界(2021年3月)

[2021年3月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~ 尾鷲市立天文科学館より ~






 天体の織りなす偶然は
 ときには星を産み
 またときには命を産み、
 またときには、こんな
 風変わりな現象も
 もたらします……♪



それでは中村山からの天体解説、湯浅さん、どうぞよろしくおねがいしま~す!




月に文字……?




はい こんにちは。天文科学館 撮影および解説担当、天体観測指導員 湯浅祥司です。



 

では 今回もまいりましょう 「最近の星の世界」。




月面 “X”


月の満ち欠けによって、月面に文字らしい模様が見えることがあります。なかでも知られているのは、上弦前に中央付近に見える“X”文字です。筆記体のように見えます。

 

今年1回目の“X”は、2月19日金曜日の宵にはじまりました。30分ごとに写真を撮りました。じっくりみると、欠け際が移動していくのがわかります。

(81cm N 焦点)



19日18時16分



30分後



1時間後



1時間30分後



さらに月齢が進むと、このように見えます。

(2018年3月24日撮影)


楽しみが多い上弦の月


上弦のころ、有名な地形「直線の壁」や「ア ルプスの谷」なども見えます。写真に撮って目をこらすと、アルファベットも見えてきます。よく知られたところでは L、E、O、V など……並べ替えると、なんと「LOVE」になります。



そのほかに、「猫の顔」や「ミッキーマウス」なども見えます。みんなで、新しい模様探しをしてみませんか?



画面を拡大・ 回転させて、


  L


  O


  V


  E


読みやすくしました。



スマホ撮影


高性能になったスマホで天体撮影される方が、最近増えてきました。館内でも毎回説明はしていますが、あらためて天体写真の基本を説明します。


1.南北を合わせる

 地上の景色が入っていない天体写真では、どちらが上(北)なのか、写すときに合わせておきます。月の場合、欠け際がカメラフレームと並行していたら、大抵大丈夫です。

 

星だけの天体写真の場合、これを省略すると、後日調べてもなにを写したのか、全然わからなくなります。

 

2.簡単な画像処理をする

 簡易な画像ソフトがあれば、写っている不要な光線をカットするだけで、見違えるような画像になります。


原画像 (iPhone SE撮影)


軽い画像処理を施したもの。

 ※「ヒストグラム」で白の露出過多部分をカットした画像





さて、今回の中村山山頂ドーム発 「最近の星の世界」、


いかがでしたでしょうか。以上、


尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員、湯浅祥司でした。





湯浅さん、ありがとうございました!

これほどの写真、新年を

かざるいち枚としては

かなりの出来栄えといって

いい仕上がりのように

思えますが、やはり

天文の世界同様、納得のいく

いち枚には あくなき探究心が

必要ということなのでしょうか……?


では 来月も、どうぞよろしくおねがいしま~す♪





~ 天文科学館からのご案内 ~





そのほか当館からのご案内といたしまして、夜間観望会のご案内や、各種のイベント予定などがございます。また、中村山公園ご利用の皆さまにおかれましては、開館時間中、当館トイレはいつでもご自由にお使いいただいております。金曜日~日曜日の開館時間内には、公園内の遊具設備とともに、どうぞお気軽にご活用くださいませ。


 ↑  こちらの画像クリックで、「天文科学館総合ホーム」のページに♪





それではまた 次回の 星の世界で!

 



 

 

 

(当ホームページへのご意見・お問い合わせなどに関しましては、こちらのシートからどうぞ♪)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市役所教育委員会生涯学習課天文科学館

電話: 0597-23-0525 ファックス: 0597-23-0525   三重県尾鷲市中村町10-41

お問い合わせフォーム