ページの先頭です

最近の星の世界(2012年11月)

[2016年1月4日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆ 最近の画像から ☆

デジカメ

 通称「デジカメ」の進歩はすさまじく、40万画素で驚いていたのはもう遙か昔のこと。現在の新鋭機はその100倍、4000万画素に近づいています。機能的にも雲泥の差があります。そこで難題の天体写真を、手で持ったままで写せないか、試みました。カメラは少し前の1200万画素の一眼レフ。感度を目一杯上げて、さらに内部設定も上げました。レンズはノクトニッコールという、夜景専用の明るく重い標準レンズ。
 結果は、ご覧のようになりました。

昇るオリオン座








  Nikon D700+Noct NIKKOR F1.2
  2012.10.12.23:47 露出1/2秒
  手持ち撮影

 

 

プレヤアス星団(すばる)と木星








  Nikon D700+Noct NIKKOR F1.2
  2012.10.12.23:49露出1/2秒
  手持ち撮影

  (参考:ISO感度 20万)

 

 

国際宇宙ステーション撮影



  久しぶりに国際宇宙ステーション撮影。

  地球の影に入るISS。


  Nikon D700 14-24 F2.8ズーム(2.8)
  2012.10.9.18:44 ISO2000 15秒
  2枚合成(右から左へ)



  地球の影に入るISS。
  (カシオペア座)



  Nikon D700 14-24 F2.8ズーム(2.8)
  2012.10.29.18:31 ISO1600 15秒
  (左から右へ)



  ペルセウスを行くISS。



  Nikon D700 24-85ズーム F11 5秒
  2012.10.30.17:43 ISO1000
  3枚(RAW画像)を合成
  (左から右へ) 尾鷲市泉町にて

 

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)
   TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525
   E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp