ページの先頭です

最近の星の世界(2017年6月)

[2017年6月21日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

☆最近の星の世界から☆

最近の星の世界 2017.6月

地球儀

春のメシエ天体

黒眼銀河(M64) かみのけ座

黒眼銀河(M64) かみのけ座

 銀河の密集するかみのけ座にあり、見張り役のような位置に鎮座します。
 ご覧のように、宇宙空間に浮かぶ巨大な目のような姿から、黒眼銀河と名付けられました。
 光度:8.8等 距離:1340万光年
 見かけの大きさ:9×5分
 赤経:12時56.7分
 赤緯:+21°41’

M65 しし座

M65 しし座

 しし座の後ろ足の付け根付近に位置し、M65,M66とNGC3628と3つの銀河が望遠鏡の同じ視野に見えてきます。これらはM66銀河群という局部銀河群を形成しており、互いに影響し合っています。
 春の有名な銀河ですが、アンドロメダ銀河の10倍も遠いため、その姿は非常に淡くなります。
 光度:9.3等
 距離:2700万光年
 見かけの大きさ:8×2分
 赤経:11時18.9分
 赤緯:+13 °06'

M66 しし座

M66 しし座

 5つの銀河で形成されるしし座局部銀河群の中心になる銀河です。M65・M66NGC3628を合わせて、しし座の三つ子銀河とも呼びます。
 M65もM66も、よく見る銀河とは違った外見をしています。
 光度:8.4等
 距離:2700万光年
 見かけの大きさ:9×4分
 赤経:11時20.3分
 赤緯:+13°00’

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

尾鷲市立天文科学館(※金曜・土曜・日曜のみ開館)
  開館時間:9時30分~17時00分(金曜・土曜・日曜)/夜間【好天時のみ】19時00分~21時30分(金曜・土曜)
  TEL:0597-23-0525 FAX:0597-23-0525 E-mail:tenmon2002@orion.ocn.ne.jp